特集 2018年7月15日
 

刀研ぎ師の仕事場を訪ねてきた(デジタルリマスター版)

これが仕事場。ここに日本の伝統を受け継ぐ男がいる。
これが仕事場。ここに日本の伝統を受け継ぐ男がいる。
日本刀の研ぎ師、をやっている人に取材してきた。
刀剣の研ぎを仕事とする「研ぎ師」は全国に数百人程度、そんなには多くない仕事で、古刀から現代刀、太刀、脇差まで、あらゆる美術刀剣の研ぎをこなす。
じゃあ包丁も研ぐの? とか、巻ワラ切って切れ味試すの? とか、石川五右衛門が綿毛みたいなのでぽふぽふやってるのは何なの? とか、しょうもない疑問まで、僕が全部聞いてきました!
巻ワラは切りませんよ!

2010年5月に掲載された記事の写真画像を大きくして再掲載したものです。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。

前の記事:「イカの体内にボタンがあるという噂(デジタルリマスター版)」
人気記事:「32年間眠りつづけた「コスモ星丸」を発掘した」

> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

刀研ぎ師、藤代龍哉さん

2010年、正月。東京・九段の靖国神社。
初詣客でにぎわう。
初詣客でにぎわう。
喧騒の中、神社の展示館「遊就館」の中で、一心不乱に刀研ぎの実演を奉納する一人の男がいる。
鋭い動きで砥石を当てる。
鋭い動きで砥石を当てる。
光にかざして刃を見極める。
光にかざして刃を見極める。
刀研ぎ師の藤代龍哉さんだ。
藤代さんは、九段にある研ぎ屋「刀剣藤代」の四代目、父も祖父も研ぎ師の一家に生まれ育った人だ。お祖父さんはもう亡くなられたが、藤代松雄さんといい、人間国宝に認定され、刀剣に関する重要な著書も書かれている非常に有名な方である。(それがきっかけで、「進め!電波少年」にも出演したことがある。)

今日はその、藤代龍哉さんの仕事場にお邪魔して、刀研ぎ師という仕事についていろいろと聞かせてもらった。

※お知らせ:実は藤代さんは幼なじみです

最初におことわりさせていただくのですが、実は藤代さんは、僕の幼なじみです。
たぶん小学校5〜6年の頃。
たぶん小学校5〜6年の頃。
なので実際には、「タツヤ、この本見せてくんない?」とか、「カトちゃん、この取材終わったら新宿遊びに行こうよ」みたいなテンションで話をしていたのですが、それだと読みづらいので、まっとうな語調に書き直してあります。読んでいて、ずいぶん突っ込んだ質問するなあ、と思ったときはそれを思い出してください。では続きです。

撮影は作務衣と決めている

マンションに上がらせていただくと、藤代さんはさっそく作務衣に着替え、刀を手に取った。
造作なく抜き取られた日本刀。
造作なく抜き取られた日本刀。
加藤:やっぱり仕事は、作務衣(さむえ)が基本なんですね。
藤代:いや、普段は着ません。でも僕の中で撮影の時は作務衣を着る、って決めてるんです。

なんと。作務衣はあくまで撮影用だという。記事的には作務衣ではない服の方が面白いので頼んでみたのだが、そこは藤代さんの中で譲れないらしい。さすがに伝統技術を受け継ぐ工芸家だ。

加藤:まず刀を実際に見せてもらえますか
藤代:いいですよ。
さやに収められた真剣。
さやに収められた真剣。
加藤:これ、研いだあと切れ味試すために、巻き藁とか切るんですか。
藤代:えーと……、僕は切ったことは無いですね。そもそも僕は切るための研ぎをしてるんじゃないんです。
加藤:え。じゃあ何のために研いでいるんですか。
藤代:刀には刃文というのがあって、それを研いで美しく見せることが美術品としての刀の価値を決めます。僕がやっているのは、その刃文を美しく見せるための研ぎです。

刀研ぎとは、刃文を美しく見せる技術

加藤:え、そうなんですか! じゃあこの刀にも刃文あるんですか?
藤代:はい、こう斜めにして、光にかざすと見えます。
「光源が照り返す、少し下あたりに見えます。」
「光源が照り返す、少し下あたりに見えます。」
藤代:加藤さんも実際に持って見てみてください。
「ハイ、持ってみな。」
「ハイ、持ってみな。」
「え、いいんですか!」(はじめての真剣)
「え、いいんですか!」(はじめての真剣)
「こうすると……」
「こうすると……」
加藤:あ、見える! なんか、うにょうにょしてます!
でもこれ写真に撮るの難しいですね。
これは撮れてない写真。
これは撮れてない写真。
藤代:そうですね、雑誌なんかの取材が来ても、初めての人だとまず撮れないですね。
実際、目で見ると白く見える部分の内側にもう一段、うねりを描くような部分あるのだが、どうしても撮れない。苦労していたら、藤代さんが別の光源を用意してくれたのでそれで撮影に挑戦した。白く見える部分の内側に、もう一段うねった模様が見えるだろうか。
オンマウスで光源無しの写真になります。
オンマウスで境界を表示します。
藤代:刀匠が刀を作るとき、土のつけ方を変えて、温度を調節しながら焼きを入れます。すると鉄の構造が変わり、刃文が刀身の中に生じます。普通に白く見える部分は砥石で研いだ部分で、その中に刃文が見えます。この刃文を研ぎでどう見せるかが、研ぎ師の技術と美的感覚を問われるところとなります。
靖国神社に説明書きがあった。こうして土をつけるらしい。
靖国神社に説明書きがあった。こうして土をつけるらしい。
なるほど。研ぎの依頼主は基本的に、神社や個人などの刀の持ち主か、新たに刀を作った刀匠である。その注文に応じて研ぎ、刃文を美しく見せるのが仕事だとのこと。
続いては、いよいよ研ぎの詳しい過程を実演してもらうことにした。
いよいよ、研ぎ作業の開始です!
いよいよ、研ぎ作業の開始です!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓