特集 2018年7月23日
 

九州の味「うまかっちゃん」5種食べ比べ

様々なバリエーションがある「うまかっちゃん」を食べ比べます
様々なバリエーションがある「うまかっちゃん」を食べ比べます
「うまかっちゃん」をご存じだろうか。九州地方限定で発売されている、とんこつ味のインスタントラーメンである。九州ならどのスーパーに行っても必ず置いてあり、知らない人はいないであろう。

私は今年の5月に九州北部をキャンプ泊で旅行したのだが、その食事のかなりの部分を「うまかっちゃん」が占めていた。リーズナブルな上に名前の通りうまく、保存も効くし軽い。実にキャンプ旅行向けな食べ物なのである。

しかもとんこつ味をベースとしながらも、九州各地のラーメン風にアレンジしたバリエーションが豊富にある。今回はそのうち5種類のうまかっちゃんを食べ比べてみたい。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。

前の記事:「教会じゃなく集落が世界遺産ってどういうこと?〜長崎と天草の潜伏キリシタン集落を訪ねた」
人気記事:「日本一危険な神社に参拝したかった」

> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

九州旅行のお供に「うまかっちゃん」

今回の旅行は、3週間以上に渡る久方ぶりの長期旅行であった。残念ながら予算が潤沢ではない為、移動は燃費最強のカブ、宿泊は基本的にキャンプ場である。
こういうスタイルで九州北部(主に長崎県)を旅行してきた
こういうスタイルで九州北部(主に長崎県)を旅行してきた
私は2014年にもカブで九州を一周したのだが、その時に長崎県だけ満足に周ることができずにいた。今回の旅行は長崎県に特化することで、できるだけ多くのスポットを網羅しようと考えたのだ。その成果のひとつが先月書かせて頂いた記事「教会じゃなく集落が世界遺産ってどういうこと?〜長崎と天草の潜伏キリシタン集落を訪ねた」である。
今回の旅行で印象的だったのは、やはり秘境感が半端ない野崎島や――
今回の旅行で印象的だったのは、やはり秘境感が半端ない野崎島や――
訪問の難易度が高く、景色が素晴らしかった久賀島だろうか
訪問の難易度が高く、景色が素晴らしかった久賀島だろうか
長崎ではもはや定番スポットとなった軍艦島こと端島にもようやく行けました
長崎ではもはや定番スポットとなった軍艦島こと端島にもようやく行けました
旅行中の食事はうまかっちゃんが多かったものの、一応は長崎らしいものも食べてはいたりする。それはちゃんぽんであったり、ちゃんぽんだったり、まぁちゃんぽんだったり。あと2014年の旅行でも食べた、小浜くま屋のトリ弁当。
後半の昼食は基本的にちゃんぽんだった
後半の昼食は基本的にちゃんぽんだった
島原の小浜にあるくま屋のトリ弁当は、あまりのうまさに記事にまでした(島原半島の棚田と段畑が凄い、あと「トリ弁当」がうまい)
島原の小浜にあるくま屋のトリ弁当は、あまりのうまさに記事にまでした(島原半島の棚田と段畑が凄い、あと「トリ弁当」がうまい
九州といえば、練乳味のかき氷「白くま」も欠かせない
九州といえば、練乳味のかき氷「白くま」も欠かせない
とはいえ、こういうものを食べていたのは主に火が使えない昼食であり、朝と夜は自炊が基本であった。朝食はおにぎりを煮てインスタント味噌汁をぶちこんだ「おにぎり雑炊」、そして夕食はうまかっちゃんというパターンである。
ずっとこのコッヘルとストーブ(ガスバーナー)で旅行してきたのだ
ずっとこのコッヘルとストーブ(ガスバーナー)で旅行してきたのだ
とまぁ、前置きはこのくらいにして主題に移ろう。今回はうまかっちゃんを食べ比べるのだが、せっかくなので私が旅行中に食べていたその環境を再現したい。
というワケで、キャンプ場にやってきた
というワケで、キャンプ場にやってきた
さぁ、これで準備は万全整った。いよいよ、うまかっちゃんの実食である。今回レビューするのは、関東からなんとかして(ただの通販)手に入れた次の5種類だ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓