特集 2018年7月25日
 

手塚治虫や藤子不二雄が住んでいたあの「トキワ荘」が復元されるぞ!

日本でもっとも有名な、あのアパートが復元されるぞ!
日本でもっとも有名な、あのアパートが復元されるぞ!
手塚治虫、藤子不二雄(両方)、赤塚不二夫、石ノ森章太郎……などなどレジェンド漫画家が青春時代を送ったアパート「トキワ荘」。

その伝説は『まんが道』など多数の漫画で描かれていますが、「トキワ荘」自体はとっくの昔に取り壊されているんですよね。

中に入ってみたかった……せめてひと目見たかった……。そんな思いを抱いていた漫画ファンのみなさん、夢がかないますよ! あの「トキワ荘」がそのまんま実物大で復元されるらしいんです。
1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。 犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。

前の記事:「小学館のあのマークを実物大に」
人気記事:「『サザエさん』風に似顔絵を描くのはムリじゃないか?」

> 個人サイト Web人生

いやー、こんなに「トキワ荘」推しになっているとは思わなかったですよ!
「マンガの聖地としま」で地域を盛り上げていこうと、ここ10年くらい豊島区としても力を入れているんです。

正直、もっと早く盛り上がっていれば、本物のトキワ荘を保存することもできたんじゃないか……という気持ちもありますけどね。
取り壊される前にミュージアム構想が動き出してれば……。当時は漫画やアニメの地位がまだまだ低かったんでしょうね。
それもありますし、単純に知られてなかったというのもあると思います。

僕自身、すぐ近くにずっと住んでいるのに何とも思っていなかったですから。当時、まだ『まんが道』も読んでいなかったんで……。読んでたら、取り壊しの時に瓦の一枚くらいもらいに行きましたよ!

漫画界にとっては偉大な場所でも、近所の住人にとっては、ただの古いアパートという認識でしたね。
近所に住んでいたら逆にそういうもんなんでしょうね。小出さんがトキワ荘を意識したきっかけは?
1986年にNHKの銀河テレビ小説で『まんが道』のドラマが放送されて、それではじめて「こんなすごいところだったんだ!」って思いましたね。ただ、その時には既に取り壊されちゃってたんで。

それから、『まんが道』の続編である『愛…しりそめし頃に…』の連載もはじまり(1995年〜)、ますますトキワ荘のすごさを知って、街を盛り上げるのに使えないかなとは思っていたんですよね。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓