特集 2018年7月26日
 

ドローンで臨死体験を体験する

「あれ……私…倒れてる…え…?」
「あれ……私…倒れてる…え…?」
ドラマや映画で、倒れている自分を空から見ている…みたいなシーンがたまにある。

あの臨死体験の視界を一度体験してみたい。だけど死にかけたくはない。

ドローンを使えばいけるんじゃないか、ということでそれっぽい動画や写真を撮ってみたいと思います。
1990年沖縄生まれ。現在はOLとして活動しています。営業日のお昼休みに毎日更新する「今日の休憩」というブログを運営しています。

前の記事:「チョコモナカジャンボはビル」
人気記事:「「姉妹」制度があった中学時代の話」

> 個人サイト 今日の休憩

はじめてのドローン

買いたてほやほや
買いたてほやほや
いかにも「私ドローン慣れてます」みたいなはじまりになってしまったが、先週買ったばかりのめちゃくちゃ初心者である。まず飛ばせるのかもわからない。
「小さい部屋でぶつけたらどうしよう」と不安に思っていたら広いホール(iTSCOM STUDIO & HALL)で撮影できることになりほっとした。ただ上の機械たちが少し怖い。
「小さい部屋でぶつけたらどうしよう」と不安に思っていたら広いホール(iTSCOM STUDIO & HALL)で撮影できることになりほっとした。ただ上の機械たちが少し怖い。
家で少し練習しただけだが撮影に挑む。飛ばせるのか。
家で少し練習しただけだが撮影に挑む。飛ばせるのか。
飛ばせた。優しい設計でありがたい。そして人はドローンを飛ばせると笑ってしまう。(この後も何回も笑ってしまった)
飛ばせた。優しい設計でありがたい。そして人はドローンを飛ばせると笑ってしまう。(この後も何回も笑ってしまった)

人の魂の気持ちになって飛ばす

早速、ドローンで臨死体験をしてみます。
イメージです。この青く浮いてる人の目線をめざします。
イメージです。この青く浮いてる人の目線をめざします。
編集部の古賀さんに横になってもらいました。
編集部の古賀さんに横になってもらいました。
私は古賀さんの魂の気持ちでドローンを操縦します。
私は古賀さんの魂の気持ちでドローンを操縦します。
1分ぐらい飛ばしただろうか。寝ている古賀さんの上をふわふわ飛ばして撮影していく。

「風がすごい」「緊張する」と不安が漏れつつも録画が終わった。
できた動画の一部がこれです。「え!? これ私…!?」みたいなセリフをイメージしてください。
できた動画の一部がこれです。「え!? これ私…!?」みたいなセリフをイメージしてください。
操作の不慣れでガタガタしてしまったが、逆にパニック感が出た。あとドローンの画質が粗くて暗くてそれっぽい。

動画を見ながら「すごい…しんでる…」「これはしんでるよ!すごい!」と周囲が成功を喜んでいる。しかし冷静になるとめちゃくちゃ縁起の悪い会話である。
臨死体験で浮遊しているイメージ画像も作ってみた。いまドローンはこの古賀さんの視点を担っている。
臨死体験で浮遊しているイメージ画像も作ってみた。いまドローンはこの古賀さんの視点を担っている。

さらに離脱感がほしい

次はドローンを胸の位置からスタートさせ、さらに魂が飛び出たように撮影してみる。
胸にドローンを置かれた安藤さん。そもそも体からドローンは飛ぶのか。
胸にドローンを置かれた安藤さん。そもそも体からドローンは飛ぶのか。
そして映された映像がスタートからすごい。猫とか犬しか見れない視点だ。
そして映された映像がスタートからすごい。猫とか犬しか見れない視点だ。
無事飛んだ。ドローンの映像に音は入らないが、なんとなく誰も喋らない。魂はたましいの役割を、倒れている人はその役割に集中する。
無事飛んだ。ドローンの映像に音は入らないが、なんとなく誰も喋らない。魂はたましいの役割を、倒れている人はその役割に集中する。
いま撮影してる映像のイメージはこれです。
いま撮影してる映像のイメージはこれです。
できた。何かの弾みに安藤さんの体を飛び出してしまった魂。一旦方向を見失い「これは自分…?」と驚いているようだ。
できた。何かの弾みに安藤さんの体を飛び出してしまった魂。一旦方向を見失い「これは自分…?」と驚いているようだ。
そして見る「うわ〜?しんでるね」「なるほどね」と笑ってしまう。
そして見る「うわ〜?しんでるね」「なるほどね」と笑ってしまう。
カメラを手動でふわふわさせてもいいのかもしれない。ただこうドローンが不安定に飛ぶ感じがかなりそれっぽい。

人に駆け寄ってもらっている映像もみたい

映画などでは、自分が倒れたあと人が駆け寄ってくるのを客観的に見る、みたいなシーンもある。

あれもやりたい。
編集部の藤原さんとライターのトルーさんが死んだ私にかけつけてくれることになった。
編集部の藤原さんとライターのトルーさんが死んだ私にかけつけてくれることになった。
とれた。画質が変に粗くてリアルで怖い。「藤原さん!!私はここにいるよ!!」とか言いたくなる。
とれた。画質が変に粗くてリアルで怖い。「藤原さん!!私はここにいるよ!!」とか言いたくなる。
さらに棒立ちした二人の足元だけ映すと、二人が私を殺したような映像も撮れた。くそ…顔までみたいのに……力が…この靴はまさか…?みたいなやつだ。だんだん憎しみもでてきた。絶対に復讐したい。
さらに棒立ちした二人の足元だけ映すと、二人が私を殺したような映像も撮れた。くそ…顔までみたいのに……力が…この靴はまさか…?みたいなやつだ。だんだん憎しみもでてきた。絶対に復讐したい。
見ると面白すぎて笑ってしまう。「殺してますねこれ」「山とかで撮ったら遺棄現場ですね」とつぶやく。
見ると面白すぎて笑ってしまう。「殺してますねこれ」「山とかで撮ったら遺棄現場ですね」とつぶやく。

実際の臨死体験、ぜったいしたくない

うまく撮れて嬉しかったが、一人で冷静になって映像を見返したらなんだか怖かった。こんな視界を体験した人が本当にいるのだろうか。

もし実際にその時がきたら、怖すぎて透けながら叫びまくっていると思う。いやでも今回予習したので意外といけるのか。変な訓練をしてしまった。
死後、空から仲間たちの会話を見守る視点でも撮ってみた。だいぶ寂しい気持ちになれた。
死後、空から仲間たちの会話を見守る視点でも撮ってみた。だいぶ寂しい気持ちになれた。
 ▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓