特集 2018年8月12日
 

円筒分水とかっこいい水路

かっこいい水路も出てくるよ!
かっこいい水路も出てくるよ!
1年ほど前に出会って一目惚れして以来、ずっと円筒分水のことが頭から離れませんでした(参考記事:「気になる堰、そして円筒分水へ」)。

調べてみると、円筒分水は全国に点在し、関東地方だけでもほかにいくつか存在するとのこと。

そう言われるとどうしても見てみたくなってしまうのが、ドボク好きの悲しい性。

手始めに、群馬県にある円筒分水を3基、まわってきました。

2008年6月に掲載された記事の写真画像を大きくして再掲載したものです。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「イギリスのダムめぐりが控えめに言って最高すぎた」
人気記事:「お祖父さんが作ったドールハウスが泣けるほど昭和の住宅だった」


円筒分水のおさらい

円筒分水とは水を公平に分配するための施設で、大正末期から昭和初期にかけて、日本で誕生しました。

1本の水路から単なる枝分かれで水を分配すると、流量の多いときと少ないときで分配する割合に差が出てしまいます。また、より上流で取水した方が多くの水を確保できるのは言うまでもないことで、そのため地域同士の激しい水争いが各地で起こりました。

そこで考案されたのが円筒分水。下から水を吹き上げる円形の池を造り、その外周へあふれる水を決められた割合で分配すれば、流量の多い少ないに関係なく公平を保つことができるというわけです。これによって、全国各地で発生した水争いはほとんど終息しました。
一見すると噴水のようだが
一見すると噴水のようだが
耕地面積の割合に応じて緻密に水を分配している
耕地面積の割合に応じて緻密に水を分配している

赤城大沼用水

梅雨の中休み、群馬県は赤城山のふもとにやってきました。

ここから山頂近くまで伸びる道沿いに、細い農業用水路が通っています。これが赤城大沼用水で、山麓一帯の農地を潤すために山の上にある大沼から水を引いています。そして、この水路には2基の円筒分水が設置されていました。
道路沿いの小さな用水路
道路沿いの小さな用水路
ちなみに僕の「水モノ好き」の原点はこういう小さな水門です
ちなみに僕の「水モノ好き」の原点はこういう小さな水門です
いきなり現れる小さな円筒分水、かわいい!
いきなり現れる小さな円筒分水、かわいい!
水路に注目しながら慎重に進むと、ぽつんと佇む1号円筒分水が見つかりました。

去年に見た久地円筒分水を想像していたため、最初の印象は「小さっ!」でしたが、水路の規模と合っていて、これはこれでかわいい。でも水は豪快にあふれ出ていて、ずっと見ていても飽きません。自宅に庭があったら、ダムは無理でもこれなら作れるんじゃないでしょうか。

そこから数百メートル下流には、2号円筒分水が設置されています。
これも小さくてかわいらしい2号円筒分水
これも小さくてかわいらしい2号円筒分水
2方向に分配しているのが分かる
2方向に分配しているのが分かる
周辺にはいわゆる大人のホテルが林立
周辺にはいわゆる大人のホテルが林立
1号よりやや大きく見えるものの、それでも直径2メートルくらいで、こちらもかわいい円筒分水です。

そう言えば、これだけ小さい円筒分水でも、カーナビやグーグルマップにもそれっぽい表示があったのには驚きました。でもいかんせん最大縮尺にしないと出てこないので、それらを頼りに探して歩くのはすごく大変だと思います。
カーナビにも円筒分水が!
カーナビにも円筒分水が!
グーグルマップでも円筒分水
赤城山を後にし、続いては高崎駅の近くにある円筒分水に向かいます。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓