特集 2018年8月25日
 

昔の沖縄で『アカマタ』というヘビが食べられていたワケ

!
沖縄本島には7種(よその土地から持ち込まれたものを含めると10種ほど)のヘビが生息している。

その中でも『アカマタ』という種類のヘビはかつて一部の地域で食用として珍重されていたという話を聞いた。

……なぜアカマタだけ? そんなにおいしいのか? 理由を解明すべく捕まえて食べてみることにした。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。

前の記事:「世界最深記録?水深2000mの魚を釣る」
人気記事:「オオカミウオを釣って食べたら色々大変だった」


『やんばる』で食べられていたらしい

沖縄北部の山林地帯、通称『やんばる』。この地域の方々から「かつてはアカマタを食べていた」という情報をキャッチ。しかしなぜアカマタばかり?
沖縄北部の山林地帯、通称『やんばる』。この地域の方々から「かつてはアカマタを食べていた」という情報をキャッチ。しかしなぜアカマタばかり?
沖縄本島の北部に広がる『やんばる』と呼ばれる山林地帯を訪れたときのこと。現地に長らく住まう男性から件のアカマタ食についての話を聞いたのだった。

今でこそわざわざヘビを採集して食べるという文化はほとんど残っていないようだが、かつては貴重なタンパク源だったというのだ。

シカもキジも分布しない沖縄ではリュウキュウイノシシくらいしかまとまった肉を得られる動物がいないので、非海産タンパク質に飢えるというのはわからない話でもない。

それ以来、気になって聞き込みを続けたところ、やはり複数の御年配の方々から同様の「アカマタ?あーよく食べたさ!」という情報を入手できた。やはりやんばるにはヘビ食文化、いやアカマタ食文化があったようだ。
いた! アカマタだ!! 林道や畑周りを散策するとかなり頻繁に出会える。まだら模様がおどろおどろしいが毒はない。ただし……。
いた! アカマタだ!! 林道や畑周りを散策するとかなり頻繁に出会える。まだら模様がおどろおどろしいが毒はない。ただし……。
でもよく見るとけっこう綺麗なヘビなんすよ。アカマタ。
でもよく見るとけっこう綺麗なヘビなんすよ。アカマタ。
アカマタというのは沖縄本島の各地に生息する大型のヘビで、体長は大きなもので2メートルにも達する。カラーリングも赤みを帯びた体に黒い帯模様という、いかにも毒ヘビ然としたド派手なものだが実際には無毒である。

個体数が多く、沖縄ではもっともよく見られるヘビと言える。林道や水辺周りなどを見回るとわりと簡単に出会うことができるのだ。夜行性の傾向が強いが、気温と湿度が高ければ日中に姿を見せることも珍しくない。
アカマタ、ゲットだぜ。※いろいろ痛い目にあうので素手では触らないようにしましょう。
アカマタ、ゲットだぜ。※いろいろ痛い目にあうので素手では触らないようにしましょう。
このアカマタというヘビ、見つけるのは簡単だが捕まえ方にはちょっとだけコツがいる。

アカマタは非常に気が強く、すぐに咬みついてくるのだ。先述のとおり毒こそ持たないが、小さく鋭い歯が口内に並んでおり、咬まれるとそれなりに痛いし多少は出血もする。

革手袋などを装着して挑めばこの問題は解消されるが、アカマタにはまた別の攻撃(防衛)手段が残っている。
とにかく気が強く、ちょっかいを出すとガシガシ咬みついてくる。この猛々しさもアカマタの特徴であり、魅力。オラついた男になびく女性の気持ちがわかった気がする。
とにかく気が強く、ちょっかいを出すとガシガシ咬みついてくる。この猛々しさもアカマタの特徴であり、魅力。オラついた男になびく女性の気持ちがわかった気がする。
痛い上にクサい! アカマタは毒を持たない代わりに敵に襲われるとお尻にある臭腺からひどいニオイの液体を分泌する。これが手や服につくとなかなかとれない。
痛い上にクサい! アカマタは毒を持たない代わりに敵に襲われるとお尻にある臭腺からひどいニオイの液体を分泌する。これが手や服につくとなかなかとれない。
アカマタは敵に襲われるとスカンクよろしく肛門付近の臭腺からなんとも例えづらい独特の悪臭を放つのだ。

これがガスというよりリキッド状で、うっかり手についたりすると水で流したくらいでは全然落ちない。巻きつかれたりすると手や腕にベッタリこすりつけられ、けっこうな精神的ダメージを負うことになるので覚悟してかかろう。

こうした習性から、やんばるの人たちは尻尾の先端をつかんでぶら下げるようにして捕縛するという。こうすれば咬みつかれにくく、巻きつかれて臭い液体を腕にすり込まれる心配もないらしい。

しかし、なんとなく脱臼させてしまいそうであまり試す気にはなれない。まあ、今回はどうせ食っちゃうんだけども。
アカマタ、小さな頃はより色鮮やかでこんなにかわいい(友人宅で飼育中の個体)
アカマタ、小さな頃はより色鮮やかでこんなにかわいい(友人宅で飼育中の個体)
ただし、小さくても気性はけっこう荒いので注意
ただし、小さくても気性はけっこう荒いので注意
とまあ、こんな具合にターゲットは難なく捕れた。さっそく調理してみよう。

まずは一思いに頭を落として逆さに吊るし、血を抜く。血が抜けたら頭を落とした切り口から靴下かタイツを脱ぐように皮を剥ぎ、内臓を取り去ったら下ごしらえ完了。うろこが飛んだりしない分、魚をさばくよりもはるかに楽ちんだ。
ヘビの皮は切れ込みを入れて頭側から尾側へ引くと靴下のようにズルッと剥ける。意外と下ごしらえが簡単な食材である。
ヘビの皮は切れ込みを入れて頭側から尾側へ引くと靴下のようにズルッと剥ける。意外と下ごしらえが簡単な食材である。
やんばるのご尊老方(50代の方もいたが)によると、アカマタは汁物にして食べることが多くたまに大型の個体が捕れると炙りや揚げ物にして供されるとのことだった。

汁物……。このチョイスには何かありそうだ。
アカマタのスープ。味付けは塩のみだが……うまい!! 予想をはるかに超えて濃厚なダシが出ている。
アカマタのスープ。味付けは塩のみだが……うまい!! 予想をはるかに超えて濃厚なダシが出ている。
とりあえず現地流に従ってよく煮込んでスープに。ただし、アカマタ自身の味が見えなくならないよう味つけは塩のみ。香りが出過ぎないよう、火からおろす直前に彩りのネギとトウガラシを散らして完成だ。

熱いうちにすすると……想像を超えて味が濃い。うまい。

ダシがとても強く出ている。これは汁物にもってこいな食材である。なるほど、やんばる流の調理は素材の特性を活かしたものだったのだ。
アカマタのバンバンジー風。身体の構造上、肉をほぐすとどうしても細切れになってしまうのでこの手の料理にするか、骨がついたまましゃぶりつくしかなくなってしまう。
アカマタのバンバンジー風。身体の構造上、肉をほぐすとどうしても細切れになってしまうのでこの手の料理にするか、骨がついたまましゃぶりつくしかなくなってしまう。
では肉はどうか。味は鶏のもも肉に弾力と旨味を足したような、典型的な『ヘビ味』である。クセはない。たしかにうまいが、その他のヘビを大きく上回っているとも言いがたい。

体格が大きいので肉の量もそれなりに多い。しかし、若干食べづらさは感じる。背の身が多いハブやヒメハブに比べてまとまった肉が取りにづらく、食べ応えがいまいち軽いのだ。これはこの手のヘビ(ナミヘビ類)の骨格と筋肉の構造上仕方のないことであるが。

肉をしっかり味わうのであれば、スープを作る際に軽く煮込んだところで一度アカマタを取り出して肉を剥いで選り分け棒棒鶏(棒棒蛇?)などにするのがよいだろう。骨から強くダシが出るようなので、そちらはまた鍋に戻して煮込むべし。

なぜ他のヘビではなくアカマタなのか

アカマタはおいしい。それはわかった。

しかし、その食味は他のヘビを大きく凌駕するものでもない。ダシがよく出て汁物にピッタリ!というのは実を言うとヘビ類の多くに共通する特性なのである。

実際、中華圏ではヘビを煮込んだスープが好んで食されるし、沖縄でもウミヘビを使ったイラブー汁が有名だ。
香港で「風邪の予防に効く」として人気を博しているヘビスープ。やはりダシがよく出ていて単純に味自体も良い。この店ではアカマタと同じナミヘビ科に属すヘビが複数種使用されていた。
香港で「風邪の予防に効く」として人気を博しているヘビスープ。やはりダシがよく出ていて単純に味自体も良い。この店ではアカマタと同じナミヘビ科に属すヘビが複数種使用されていた。
現在進行形で沖縄で食されているヘビ料理、イラブー汁。やはりヘビは汁物。これ鉄板。
現在進行形で沖縄で食されているヘビ料理、イラブー汁。やはりヘビは汁物。これ鉄板。
ではなぜやんばるではアカマタが取り立てて食用とされたのか?

他にもハブだのリュウキュウアオヘビだのいろいろなヘビがいるのに、である。
ハブとかさ……
ハブとかさ……
リュウキュウアオヘビとかさ……。他にもヘビはいるじゃん? なんでアカマタばっかり?
リュウキュウアオヘビとかさ……。他にもヘビはいるじゃん? なんでアカマタばっかり?
その疑問に対する回答は実際にアカマタを捕まえてみて、食べてみて、おおよそ見当がついた。

ひとえに「安全に簡単にたくさん捕れてボリュームがあるから」であろう。

沖縄本島に産する他のヘビはアカマタに比べて数が少なく、欲しい時に手に入るものではない。特にハブやヒメハブは毒があるため捕獲が難しいし、リュウキュウアオヘビ(無毒)やガラスヒバァ(一応毒あり)は体が小さくあまり食材に向かない。

聞き込みによると、人によっては何かの拍子にハブが手に入ればそれを食すケースも少ないながらあったらしい。そうしたレアケースの積み重ねでは食材として文化の中に深く定着することはないだろう。

イナゴは食材として認知されているのに他のバッタはほとんど食べられないのと同じである。

「安定してまとまった量が採れる」というのは、ある生きものが食材として確立されるには非常に重大な要素なのだ。

アカマタは数ある沖縄本島のヘビたちの中で唯一、食材としての質と量、特に後者を備えていたがゆえにやんばるの民のタンパク源たり得たのだろう。

ヘビ探しは楽しいぞ!(食べなくてもいいけど)

今回アカマタ狩りに出てみて、あらためて「やっぱりヘビを探すのって楽しい!!」と感じた。

天気や気温、地形、種ごとの生態を考慮しながら狙いのヘビのいそうな場所を巡り、狙い通りにニョロニョロした影を見つけた瞬間の感動は筆舌に尽くしがたい。

ひらけた林道や公園などが実は狙い目だったりするので、自然が好きな方はトライしてみてほしい。ただし本土ではマムシやヤマカガシに、南西諸島ではハブやヒメハブに注意だ。
日本最小のヘビ、ブラーミニメクラヘビ。これも外来種ながら沖縄にいる。さすがに小さすぎて食用には向かないが。
日本最小のヘビ、ブラーミニメクラヘビ。これも外来種ながら沖縄にいる。さすがに小さすぎて食用には向かないが。
 ▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓