特集 2018年8月22日
 

平日の昼間から飲める店を巡った

 平日の昼間から飲みたい!
平日の昼間から飲みたい!
横浜の野毛地区で平日の昼間から飲める、安くて美味しいお店ってあるのか、はまれぽ編集部で調べてみました。
はまれぽ.comは横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。はまれぽが体を張って徹底調査します。

前の記事:「超激辛ラーメンを食べたら汗で紙エプロンが破れた」
人気記事:「丘の傾斜を覆うように建つマンション「ルネ上星川」」


「ぴおシティ」

1968(昭和43)年5月11日、JR桜木町駅前に誕生した複合施設「桜木町ゴールデンセンター」。1982(昭和57)年4月の改装より「ぴおシティ」の愛称で親しまれ、2018(平成30)年で創業50周年を迎える。
ビル上層部はオフィス、下層部はショッピング街、地下は飲食街だ
ビル上層部はオフィス、下層部はショッピング街、地下は飲食街だ
過去に、日本酒が注がれる自動販売機寿司処「かぐら」の立ち飲み店などの取材でお世話になったが、>野毛ちかみちに接続する地下街は昼間からお酒を楽しめる居酒屋さんが軒を連ねており、知る人ぞ知る安くて美味い店がにぎわいをもたらしている。

そこで今回は、ぴおシティ地下街で昼間からお酒を飲める居酒屋さん3店舗をご紹介。平日でも土日でも、明るいうちから気持ち良く酔っ払いたい方は必見だ!

大衆酒場ホームベース2

まずご紹介するのは、2018(平成30)年2月末、ぴおシティ地下2階にオープンしたばかりの「大衆酒場ホームベース2」
JR桜木町駅南改札西口を出て地下通路へ
JR桜木町駅南改札西口を出て地下通路へ
野毛商店街方面へ進み「ぴおシティ」入り口からすぐのお店
野毛商店街方面へ進み「ぴおシティ」入り口からすぐのお店
取材日はゴールデンウィークの中日、午後2時ごろだったがすでに店はにぎわっていた。
開放的な立ち飲みスタイル
開放的な立ち飲みスタイル
10分あれば1杯……なんて素敵な響き!
10分あれば1杯……なんて素敵な響き!
こちらの人気商品は「塩もつ煮(390円/税込・以下同)」「どてスジ串(120円)」「かちかちレモンサワー(390円)」。
ドリンクもフードも立ち飲み価格
ドリンクもフードも立ち飲み価格
今回は名物3品を注文することに。
3品で900円とお財布に優しい! キニナルお味は……?
3品で900円とお財布に優しい! キニナルお味は……?
圧力鍋で調理した塩もつ煮は、野菜とモツを別々に炊いてあるそうでモツがとろっとろ。あっさりとした味わいに、添えられた柚子胡椒がアクセントになってお酒がすすむ。

どてスジ串は味がしっかりと染み込んでいてコリコリとした歯応えがたまらない。
これだけで1杯飲めてしまいそうだ
これだけで1杯飲めてしまいそうだ
名物のかちかちレモンサワーは、氷の代わりに凍らせたカットレモンが4〜5個入っており、レモンを潰しながら飲むのだとか。「追いチュー(280円)」なるおかわりチューハイで3〜4杯ほど楽しめる。本当にかっちかちなので、暑い日にはもってこいの1杯だ。
潰すとフローズンドリンクのようになる
潰すとフローズンドリンクのようになる
店内には20代後半〜60代のお客さんが思い思いにお酒を楽しんでおり、2〜3人のグループもいれば、1杯飲んで出て行くお一人様も。

お仕事がお休みという男性2名にお話をうかがうと、「いつもはこんな時間から飲めないからね(笑)。昼間から飲むお酒は格別だよ」と嬉しそうに話してくれた。
 
枝豆、ホッピー、焼きナスなどを注文していた
枝豆、ホッピー、焼きナスなどを注文していた
お店の方によると、「日によって人の入りはまちまちですが、午前中から飲めるお店は限られているので土日は結構昼間から人がいらっしゃいます」とのこと。オープンしてまだ2ヶ月だが、顔なじみのお客さんもいるらしい。
ぴおシティのニューカマーとして、今後、地下街を盛り上げてくれるに違いない。



レモン丸々1個分使った大人気のタワーレモンって!?

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓