日曜たのしさ一万尺 2018年8月26日
 

普段着のラーメン!家で食べている“実家系ラーメン”を見せ合おう

!
今、インスタントラーメンに適当な具材を入れたものをササッと作って食べようとしているあなた、そのラーメンは、ラーメン店では食べられない、大切な、世界に一杯だけのラーメンなのです。どうか……それを私に見せてください。

先日、家で作る適当なラーメンならではの魅力について記事を書いた。その中で、実家で母親に作ってもらった「実家系ラーメン」や、友人の実家に行って食べさせてもらった「友達の実家系ラーメン」などを紹介した。さらにその後、この場を借りてTwitter上の #実家系ラーメンDPZ のハッシュタグで募集をかけさせていただいた。その結果、たくさんの方が見事な「実家系ラーメン」を投稿して下さり、「色んな人が日常的に家で食べているラーメンをインターネットを介して見る」という、なかなか貴重な経験をさせてもらうことができた。

ハッシュタグを追いかけていくと、家だからこそのワイルドな盛り付けや、奇想天外なトッピングが続々登場する。絶対にラーメン店では出てこないであろうものばかりで最高なので改めて紹介させていただきたい!
大阪在住のフリーライター。酒場めぐりと平日昼間の散歩が趣味。1,000円以内で楽しめることはだいたい大好きです。テクノラップバンド「チミドロ」のリーダーとしても活動しています。

前の記事:「世界にひとつだけの麺!あなたが家で食べている“実家系ラーメン”見せてください」
人気記事:「東京ー大阪、格安深夜バスに100回ぐらい乗ってわかったこと」


ちなみにこれはおととい私が家で食べた「実家系ラーメン」。

こう見ると割と大人しいラーメンに見えるが。
こう見ると割と大人しいラーメンに見えるが。
麺は生麺。中華スープの素がほんの少しだけ残っていたのでそれを使い、それだけでは味が足りないと思って味噌を足し、少し醤油を加えてスープを作った。そこに、冷蔵庫に結構長く残っていて早く食べてしまいたいと思っていたキムチと高菜を乗せ、あと、レタスも少しあったので乗せた。食べてみると、何味とも表現できない、多方向性を持ったテイスト。味が混ざり合った結果、最後はキムチの味が勝って、これは味のバトルロワイヤルだったのだな、と食べ終える頃に思った。

また、これはお盆に両親の実家のある山形に行った時に親戚の家で食べさせてもらったラーメン。
山形の実家系ラーメン。
山形の実家系ラーメン。
写真では伝わらないかもしれないが、山形名物の冷やしラーメンなのだ。大きいチャーシューが2枚も入って、これはもうラーメン店レベルの美味しさであった。

と、こんな風に実家系ラーメンの世界は幅広い。どうせ食べるのは自分や家族ぐらいのものなのだから、多少失敗したっていい。もちろん凝りに凝ったっていい。なんでもあり。

例えばこちらの投稿。
最高である。袋麺を一袋食べるほどではなかったそうで、バキッと割って味噌汁椀に入れて食べている。そしてソーセージを2本ドーン!まさに、「今自分がこうしたいからこうした!」という、自分のための一杯だ。

ソーセージはなかなかラーメン店では出会えないトッピングだと思う。こんな風に、実家系ラーメンだからこそ入ってくる具材がたくさんあった。

例えばこちら、「紀文のチーちく」が具材になっている。
「のこりすくなくなった白菜キムチのパックをすすいだ水」までも活用するというところに強い共感を覚える。野菜を煮た汁とかも貴重な「ダシ」なのだ。

こちらは、3枚目のラーメンに豪快に乗っかったオクラが素敵である!店ではあまり出会えない具材。そして絶対に美味しそう。
コメントの中に書いていただいている「気軽に写真が撮れて気軽にインターネットにUPできる時代じゃなければ到底共有されなかったであろうもの」という部分こそ、まさに今こうしてみなさんの実家系ラーメンを見て私が感じているところである。
ホルモン焼きが乗っかっているラーメンもなかなか無いのではないだろうか。たまねぎと一緒に炒め直して乗せるというひと手間、ズボラな私が真似したい部分だ。
「傷みそうだった千切りキャベツ」が具材になり得るのが実家系ラーメンの強みである。左側の、丸ごとかあるいは半分にカットされたものか、どちらにしても大きなトマトの存在感もいい。
この冷凍エビの「ちょっと感」が大好きだ。
ネギかニラだけだっていい。もちろん、具なしだっていい。自分がそれでいいならそれがベストなのだ。ちなみにこのラーメンの投稿者であるキクザキリョウさんは、元の記事でも多数の魅力あふれる実家系ラーメンを紹介してくれた人である。
こちらも大変シンプル。シンプルゆえの美しさがある。粉末のうどんスープをベースにしているという。夜中に食べても罪悪感を感じなそうでいい。

お次はこちら、
チキンラーメンにキクラゲという取り合せにも新鮮なものを感じるし、このキクラゲのザクッと大きめなカット感がたまらない。

実家系ラーメンならではのワイルドな盛り付けで魅了してくれたのがこちら。
これこれ!このごちゃっと感が醍醐味だ。

もちろん、逆に「えっ!家でこんな綺麗なラーメン作れるの!?」と驚く出来のものもある。
これはもう、店だ。見た目にも涼やかな夏らしい一杯。
具材自体は凝ってなくても、色味や刻み方のせいなのか、とても美しい一杯。見た目に美味しそうでありながら、実家系ラーメンならではの敷居を感じさせない家庭的な雰囲気もあり、なんらかの賞をあげたい仕上がりである。

ガッツリした方向性の美しさを感じた一杯もあった。
「高菜と豚ひき肉をニンニクと豆板醤で炒めたやつ」って絶対美味しい!こんなラーメンを作ってくれるお父さん、素晴らしい。

実験精神に富んだラーメンが数多く存在するのも実家系ラーメンの見逃せない魅力だ。
「瓶詰めタコミート」を使用し、鶏カツも乗せたという一杯。一見、親子丼にも見える仕上がり。絶対美味しそう。
トマトジュースで作るチキンラーメンに赤ワインを合わせるという、ラーメンの可能性を押し広げる一杯。フレンチのシェフがもしかしたら日曜に家でやってるんじゃないかと思えてくる。

もうこのまますべて紹介していきたいが、キリがないのでこの辺りにしておこう。ご覧いただいた通り、見ているうちに作り手の温もりまで伝わってくるような、個性的なラーメンばかりなのだ。まったく見飽きない。というか、見ているとラーメン欲が高まって仕方ない。

引き続き、実家系ラーメンを募集しておりますので、ぜひTwitterでハッシュタグ #実家系ラーメンDPZ をつけてツイートしてください!かけがえのない自分だけのラーメンを自慢しあいましょう!
 ▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓