特集 2018年8月29日
 

最恐ハブ!? 徳之島のハブ探し

褐色のクールな暗殺マシーン登場!
褐色のクールな暗殺マシーン登場!
徳之島に住むハブは気性が荒く、日本のハブの中では最恐説もまことしやかにささやかれている。そんなおそろしくもかっこいいハブを見に徳之島へ飛んだ。そこに存在したのは最恐説にふさわしい威厳をまとったハブと、それをシンプルに収納した館だった。
1975年神奈川県生まれ。毒ライター。 普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。 最近バレンチノ収集を始めました。

前の記事:「クサフグのダイナミック産卵めぐり」
人気記事:「夏は池袋で毒づくし! 毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

風と共に上陸

台風がかすめるのとほぼ同時に徳之島に上陸した。
ひょっとしたら鹿児島に引き返すかもと警告されたが約2時間遅れで到着。
ひょっとしたら鹿児島に引き返すかもと警告されたが約2時間遅れで到着。
ちょっと開けただけで車のドアがもぎ取れてパチンコ屋やコンビニにぶっ刺さるんじゃないかと心配になるほどの強風だが割と皆淡々と生活している。
海は海神が現れそうなくらい大荒れ。
海は海神が現れそうなくらい大荒れ。
徳之島は鹿児島の南南西492キロ、奄美大島から沖縄まで飛び石のように連なっている奄美群島の中心に位置する。
かって男性長寿世界一だった泉重千代さんが生まれ育ち、現在も出生率は全国No.1。
「子宝空港」はだてじゃない。
「子宝空港」はだてじゃない。
そのエネルギッシュさを象徴するように、観光開発のされていない素朴で水源豊かな環境で草木はがんがん茂りぬいている。
道が森に還りそうな勢い。
道が森に還りそうな勢い。
私は夏に食欲が落ちる傾向があるのだが、以前母方の実家の近くの坊さんに「お前そのへんの草木を見てみろ、夏にこそぐんぐん育つだぞ」と説教されてから、夏の草木に劣等感を抱いてきた。そもそもなんで坊さんにそんな事言われなきゃならなかったのかはよく覚えていない。
でかいアマミアオヘビ(毒無し)がしゅらしゅら道を渡っていた。
でかいアマミアオヘビ(毒無し)がしゅらしゅら道を渡っていた。

闘牛と無人販売

徳之島の有名なコンテンツといえば闘牛である。江戸時代から島民の娯楽として定着しており、島の各所に闘牛場が作られている。夕方には道路で筋骨隆々の牛を散歩させているのを見かけた。
でかい!やばい!
でかい!やばい!
防犯カメラのシンボルも牛。
防犯カメラのシンボルも牛。
「戦闘ひさし」「皇心チワワ」扇情的かつ攻撃的なしこ名?が並ぶ。会場は激混みで鑑賞はあきらめた。
「戦闘ひさし」「皇心チワワ」扇情的かつ攻撃的なしこ名?が並ぶ。会場は激混みで鑑賞はあきらめた。
島の子供達に話しかけられた時も闘牛鑑賞をおすすめされたが、闘牛以上に私のマインドのやわらかいところを刺激したのは「無人販売所」だった。
瓜やパイン、アダンの実販売所なんていうのもあった。
瓜やパイン、アダンの実販売所なんていうのもあった。
奄美大島でもちらほら見かけたが、徳之島の方が密度感がある。畑の脇だけでなく、街中の路地にも進出しており、オフィスグリコの始祖のような味わい深い販売所を随所で見る事ができる。
島の中心街、亀津の路地にて。お盆の時期だからか無物販売になっていたところも多かった。
島の中心街、亀津の路地にて。お盆の時期だからか無物販売になっていたところも多かった。
アンプに片足を乗せてオーディエンスをあおるロックスターの様にドラゴンフルーツを売る。
アンプに片足を乗せてオーディエンスをあおるロックスターの様にドラゴンフルーツを売る。
そんな中、T字路の先の草原で大規模に展開している販売所を見かけた。
「よも山コーナー」、ジャンル不明のコーナーと目が合った。
「よも山コーナー」、ジャンル不明のコーナーと目が合った。
いったい何を販売しているのかと近寄ってみると売場というより、誰かの内面世界を表現した棚だった。
そして「みのるひろば」。何かが解放されている場所だということはわかる。
そして「みのるひろば」。何かが解放されている場所だということはわかる。
「ぷち百姓」を名乗るサンタ。ブルーのくまどりがこわい。
「ぷち百姓」を名乗るサンタ。ブルーのくまどりがこわい。

さあ、ハブの話です

何の記事だかよくわからなくなる前に本筋に戻そう。
徳之島に住むハブは他の地域のものより気性が荒いといわれ、咬傷被害では例年人口の多い奄美大島を上回る件数が報告されている。(もちろん、生息密度が高いとか農地での遭遇が多いとか理由はいろいろ考えられる)

沖縄本島や奄美大島のハブと比べて模様はシンプルで体色は褐色に近い個体が多く、より赤味の強いものは「赤ハブ」と呼ばれる。
こちらがいわゆる沖縄本島型のハブ(渡名喜島)
こちらがいわゆる沖縄本島型のハブ(渡名喜島)
徳之島産ハブ、渋みがあふれる。悪く言えば地味。
徳之島産ハブ、渋みがあふれる。悪く言えば地味。
林道、農道での遭遇報告が多く、島をぐるぐる回っているとなるほど出そうだなという場所がいくつもあり、探すポイントをしぼるのが大変だ。
広大な森と畑。
広大な森と畑。
洞窟も回る。
洞窟も回る。
森の中で出会うとびっくりする看板。
森の中で出会うとびっくりする看板。
町では生涯で3軒目のビトンを見つけた。
町では生涯で3軒目のビトンを見つけた。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓