デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ021
 
80度の滑り台がある
滑る?落ちる?

 沖縄市には80度近くの勾配を持つ滑り台があるという。え、80度?80度というと、もうほとんど直角だ。滑り台とは、体と斜面との摩擦によって滑る速度を抑制し、安全に滑り降りることが出来る遊具ではないのか。なのに斜度が80度。そんな急勾配の滑り台なんて、もう摩擦どうこうの問題ではないだろう。滑り降りられるわけがない。いくらなんでもそれはないだろう、とは思ったが、近所だったし、無駄足覚悟で行ってみた。

安藤昌教



青少年よ、はいかいするな

 ここ八重島公園は、沖縄市の中心から程近い場所に位置する、緑の多い非常に広い公園だ。筆者の行った時間が平日の夕方だったということもあってか、学校帰りの小学生の楽しそうに遊ぶ姿が見られた。こんなところに本当にそんなおそろしい滑り台があるのだろうか。

どれも楽しそうです

 公園には大小様々な種類の滑り台があった。写真の滑り台なんて、本当に長い。ウォータースライダーみたいだ。だけどもちろんその勾配は普通に見える。せいぜい30度くらいだろう。

 滑り台の他にも、ブランコやジャングルジムなど、おなじみの遊具が広々と設置されていた。遊具のこんなに充実した公園も珍しいのではないだろうか。芝生や植木の手入れもきちんとされているし、ゴミもちらかっていない。駐車場だって完備。ちゃんと管理された公園という雰囲気が漂う。こんなにきちんとした公園に、そんな殺人遊具があるわけない。

え?
  しばらくの間、広い公園の中を歩き回った。夕方とはいえ、真夏の日差しが肌に痛い。額からは大粒の汗が流れ落ちる。そんな急勾配の滑り台なんてどこにもないではないか。

 それでも一応うわさがあるからには、その元となる物くらい見つかるかもしれない、と思い、公園の中をさらに深く歩き回ってみた。にもかかわらず、うわさの急勾配の滑り台はやはり見つからなかった。

 ガセネタつかまされたのだろうか。というかそんなもの、もともとありえないと思ってはいたのだ。もういい、そろそろ帰ろう、と引き返し始めた矢先のことだった。

 森の中に何かを発見した。遊具のように見えるが、なにかぴょこっと出っ張った部分が木々の間から見える。急勾配だ。

 急勾配?まさか・・

 

どーん
  あった。

 もう間違いなくこれのことだろう。近づくと確かに急勾配の滑り台がそこにはあった。

 急勾配の斜面部分の高さは3、4メートル程だろうか。ほぼ直角に落下した後、まるでスキーのラージヒルみたいな緩衝部分が続く。落ちたとしても、ここで速度が緩むから大丈夫、ということか。

 なんだこれは。あきらかに異色。こんな滑り台、今まで見たことが無い。

 だけどせっかく見つけたのだ、実際に滑ってみなくては。

 

まじ怖いっす
  滑り台のてっぺんまで続く階段を上ると、ぱっと視界が開けた。想像していた以上に高さを感じる。おずおずと斜面を覗き込んでみた。

怖い。

 高々3メートルくらいの落下のはずなのに、なんだこの恐怖感。崖から下を見下ろしてるみたいだ。だけど僕は大人なのだ、こんな子供の遊び道具にびびってはいられない。意を決して滑ってみることに。

 滑り台は手すりにつかまってスタンバイする。そこから体を伸ばして斜面にぶら下がり、その後文字通り、落ちる。注意書きにも書いてあった。「ポンと飛び降りるように滑ってください」、と。

 斜面にぶら下がると、足が空中でぶらぶらしている。これって80度というよりも、直角に近いんじゃないか。落ちた先にはスロープがあるはずなのだが、実際にぶら下がると、そんなもの見えない。目の前には何も無い。手を離したら、落ちるのみだ。

 ポン、と注意書きに書かれていた通り、飛び降りた。落ちたのは一瞬だった。その後すぐに、背中とお尻が斜面と痛いほど擦れる。気が付くと、僕は半分放心状態でスロープの中央に座り果てていた。

 公園に遊びに来ていた人に聞いてみたところ、この滑り台、近所では結構有名らしい。「だけど、誰がすべるのかねえ、一体」と近くにいたおじさんがつぶやいていた。その通り、この滑り台だけ、森の奥のほうにひっそりと設置されていて、周りに子供の姿はなかった。

 うわさの急勾配の滑り台は確かにあった。何の目的なのやら見当もつかないが、たしかにそこにあったのだ。目的を達成したはずの僕は、何やらわけのわからない脱力感に打たれながら、てくてくと帰路に着いた。



 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation