デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ041
 
大人があらためて「みちくさ」。しかも本当の「道草」で。
はっぱを咥えて「道草でみちくさ中」

平日の昼間にもかかわらず、小学生の子供達をよく見るなぁっと思っていたら、夏休みに突入していることに気付きました。

そういえば、私も小さい頃、夏期講習に行く道中、サボりたい気持ちでいっぱいで空き地に入っては時間をつぶしていました。

そんなことを考えながら出社していていたら、自然と足が空き地へ向かっていました。

っと、いうことで上京して十数年。
大都会東京で「みちくさ」を朝からやっちゃいました。
しかも本当の「道草」で。

井上陽水さんの「少年時代」を口ずさみながらご覧ください。

前田拓



毛虫の大好物。手に取る前には「裏」に気を付けろ!!
折って、ちぎって、吹く。コレだけで「プピーッ」っとなる。 ※マウスを乗せると動きます。

<桜のはっぱでみちくさ=笛=>

春には満開の花を咲かせ「呑めや歌えやの大騒ぎ!」を演出してくれる桜。
でも、この暑い時期、人が集まることはなく、集まるといえば毛虫ぐらいなものです。

そんな桜のはっぱでまずは笛を作ってみました。

1.毛虫に注意しながらキレイなはっぱを一枚ゲット。
2.真ん中から二つ折り。
3.折ったところの真ん中に直径1センチほどの穴を開ける。
4.人差指と中指ではっぱを挟んで裏から力強く吹く。

すると

プピーッ!!

大迫力の音が出ます。
簡単なのでお試しあれ。


フワフワ頭に騙されるな。はっぱのトゲは案外痛い!!
ニギニギ。スルリスルリ。おっとっと。ちょっとした喜劇です。 ※マウスを乗せると動きます。

<ネコジャラシでみちくさ=ドジョウすくい=>

犬の尾っぽのような形をしているので、正式にはエノコログサ(狗尾草)というそうです。
犬だったり猫だったり、大変忙しい名前の草です。

この遊びは皆さんもきっとご存知。
ニギニギするとスルリスルリと逃げていく不思議な草です。

小さい頃は随分とおどけながらながらやっていましたが、30歳にもなる大人となりますと、なかなかそんなに、はしゃげません。
ましてや猫のようにじゃれることなんて・・・。

っと言いながら、案外懐かしんで楽しみました。
昔、流行った「うなぎ小僧 ぬるべえ」の自然&無料版といったところです。


「裏」を見ろ!白い産毛が生えているものがヨモギ。
ちぎって、丸めて、スリスリ。これで応急処置はバッチリ。 ※マウスを乗せると動きます。

<ヨモギのはっぱでみちくさ=応急処置=>

日本人にはなじみの深いヨモギ。
草餅の色や香り付けに使われます。
乾燥させれば艾としてお灸にも使われます。

お灸に使われる=万病に効く。
っということで、草を触って小さい切り傷があったので小さくちぎって擦り付けてみました。

ところが・・・。
すごいヒリヒリします。
これは間違えた!!と思ったのですが、切り傷の血が止まったではありませんか。

後で調べてみると、ヨモギには止血効果があるそうです。
やはり効き目はあったのです。

急な出血にはヨモギ。
覚えておくと役に立ちそうです。


笹のはっぱのトゲトゲはかなり強力。気付くと結構切れてます。
折ったり、きったり、差し込んだり。久しぶりの作業に悪戦苦闘。 ※マウスを乗せると動きます。

<笹のはっぱでみちくさ=船=>

笹のはっぱを見ると思わず中国やパンダを思い出してしまうのは私だけでしょうか?
食品を包んだりといろいろな活用法で私たちの生活にすごく馴染みの深い植物ですよね。

そんなこともあって案外ポピュラーな「笹のはっぱの船」。
懐かしんで作ってみました。

1.前方先端を折って、主脈(真ん中の太い脈)にそって切込みを2つ入れる。
2.出来た2つの輪の片方をもうひとつの輪に差し込む。
3.後方も折って、同様に。
4.水に浮かべて・・・。

これがなかなか風流です。
猛暑の公園に「涼」を届けてくれます。

アリでも乗せようと思っていたのですが、やめておいて正解でした。
案外、早々に沈んでしまいました。
動物虐待になりかねません。


まだまだ青い柿たち。
まだまだ割れる気配のないザクロたち。

<都会の中のみちくさ発見記>

結局、会社に1時間以上も遅刻してしまいました。
本当にただの出社拒否状態です。
私もいい大人なんですから、これではいけません。

っと言いながら、早くも次回の「みちくさ」が楽しみです。

なぜなら発見してしまいました。
あのビックシティ「六本木ヒルズ」から15分ほど歩いた所に。
なんと「柿」と「ザクロ」を。
秋になったらコッソリ食べてしまおうと今からすでに目が離せない状態です。

皆さんも是非、登校、出社前の1時間、素敵な「みちくさ」をしてみてはいかがですか?
足早に通り過ぎていた所にも気付かなかった発見があるはずですよ!!

一応、ちゃんと電話しておきました。仮病ですが・・・。
スタッフの作業は滞りなく進んでおります。

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation