デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ202
 
「立ち食い」でステーキを
立喰い

「立ち食いの店」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべるだろう。大部分の方がソバやウドン(大阪なら串揚げ?)を連想することと思う。どれもこれも気軽にサクッと食べられる物ばかりだ。

そんな「立ち食い=サックリ」という概念を覆しかねない店が上野にある。なんとステーキ屋だ。果たしてステーキは、立ち食いのネクストステージへと突入するにふさわしい食べ物なのか? これは是非とも行って確かめないと。

というわけで、心の鉄板を熱くして上野に向かいました。肉! 肉が呼んでいる!

高瀬 克子

当然だがイスがない

店内に入ったとたん、自分がどこに陣取ればいいのかちょっと戸惑った。普通の飲食店はイスのある場所=自分の陣地だが、立ち食いの場合はそれが当てはまらない。きょろきょろしていると、店の人に「こちらにどうぞ」と促された。目の前にはコンロ。

なるほど、この店ではコンロの前が自分の陣地なのだな。


自分専用コンロが全部で9個の店内

自分で焼くスタイルだった

壁に貼ってあるメニューから肉を選び、オーダーする。なんせ立っているので、カウンター越しに店の人の働く姿が丸見えだ。


ステーキのわりには、かなり手頃な値段
見たくなくても見えてしまう目の高さ

注文したのはサービスステーキ85g、550円。安い。そして出てくるのが異様に早い。肉はあらかじめ切ってあるのでナイフ&フォークではなく箸を使う。なるほど、これは立ち食い向きかもしれない。


こころなしか肉が遠い
テーブルには焼き方指南の紙が

ジューと焼いて好きなタイミングで火を止め、自分好みの味になるように好きなだけタレをかける。オリジナルのステーキソースの他にも、いろんな調味料が用意してあった。
「あれ、ステーキってこんなに肩に力の入らない食べ物だったっけ」と思いながら、立ったまま肉を口へ運ぶ。ごはんの量が多い。わりと幸せだ。

店の人に話を聞こうと思ったが、忙しそうだったので日を改めて出直すした。…いや、単にまた肉が食べたかっただけですが。

 

誰も知らない

さっそく翌日伺った。


今回は「並」を。これで750円だもの
ちょっとたまりませんでしょう?

まず腹を満たしてから、一番知りたかったことを聞いてみる…前に、まずはこの質問から。
「あのー、スプーンって何に使うんですか?」


昨日は使わなかった謎のスプーン
まさかコーン専用か?

「あーそれね、最後までコーンをきれいに食べられるように」

……当たってました。(それって、洗い物の手間を増やしているだけのような気がします、と喉元まで出かかった)

やっぱり一番知りたいのは、店の由来だ。なんでステーキなのに立ち食いなのか? さっそく聞いてみたのだが。

「うーん、10年くらい前に店を作った人が、儲からないからって辞めちゃって、僕はそれを引き継いだだけだから理由は分からないんだよね」

(えっ)

「最初は大森と、もう1軒どこだったかなー(帰ってから調べたら錦糸町でした。ネットって便利です)、とにかく全部で3軒あったんだけど他は閉めちゃって、今はここだけ」

(いい街選びだと思ったが。そうか、潰れたか)

「やっぱり男のお客さんが多いですかね。バイク街が近いから、そこの人とか。あ、女性も来ますよー。一人で来る女の人とかいますもん。やっぱり肉好きは来ます」

(私のことですか)


「店の名前も、なんでデンバーなんだか…」と2代目

謎は謎のまま

結局、一番知りたかったことは分からずじまいだった。
きっと、いろんな人に同じことを聞かれまくっているのだろう、店長は(もう今さらそんなこと、どうでもいいけどね)とでも言いたげに、平然としていた。

「そういえば」と店長。
「2週間前くらいに、深夜のドキュメンタリー番組の取材を受けてね」
──え、それはもしや狂牛病がらみで?
「いや、立ち食い専門店っていうくくりで」
──わぁ、それ見たいです。
「もう放送されたんだけど、僕それ見てないんですよ。こないだ、お客さんが帰り際に示し合わせたように『大変だけど頑張ってください』って声をかけていく日があって。どうやらその前の日に放送されたらしいんだけど、よっぽどツラそうに映ってたのかな。ははは…」

いい話です。


まさに「ステーキ・スタンド」な店内

「立ち食い」と「ステーキ」という一見ミスマッチな組み合わせではあるが、これは案外いいシステムだと思う。
というのも、どれだけ食べても苦しくならないのだ。やはり立ったままの体勢がいいのだろうか、まだまだいくらでも入りそうな気がして、普段なら「ぷはー」と腹をさすりながらイスにそっくり返っているはずなのに、追加でビールを注文してしまった。ありえない。

立ち食い進化形ともいえるステーキの店「デンバー」、いつまでもそこにあり続けて欲しい店です。

「デンバー」
  東京都台東区上野7-5-8
  03-3844-3743

 

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation