デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ241
 
手作りスーパーボールに導かれて旅にでた

幼少のみぎり、動物好きであった私は、犬を飼っている近所の家を幼馴染みと巡る「犬さんぽ」をよくしていた。
しかしそれにも飽きたころ、新しく開発したのは「どこに行くかスーパーボールまかせの旅」だった。
転がるボールの行くままに新地開拓をしてゆく。

大人になった今、またそれをやってみたくなった。
手作りスーパーボールに導かれ、私はどこへゆくのだろう。

佐倉 美穂

身近なものばかり(ラテックスを除く)

まずはスーパーボール作り

子供の頃、自分の身長より弾ませた魅惑のボールを、この手で作れるとは思ってもみなかった。
それに材料も
・ラテックス
・お湯
・レモン
だけ。色を付けたかったら絵の具を、と応用もきく懐の深さ。

 

 


とまあ、「材料も簡単、あなたも気軽に」風に書いたが、ラテックスなんてそうそう売ってない。東急ハンズでなんとか入手。

しかし自分がラテックスを使う日がくるとは。プラモデルも作ったことがないのに、いきなりフィギュアの世界に足を踏み入れた気分だ。

そして最小単位500mlのラテックスを購入し、使用するのは10mlという、大は小を兼ねるというか大ムダをしながら作成に入る。

ラテックスをお湯で10倍に薄め、付けたい色の絵の具を入れ、レモン汁をラテックスの倍入れて混ぜる。固まったら水に濡らしながら丸める。
終了。


乳白色のラテックスに
好きな色を付けて
レモン汁を入れるとボコボコに固まってくる

フタを開けたラテックスはツーンと鼻にくる匂いだったが、できあがったスーパーボールはなぜか硫黄の匂いがした。
温泉か?君は温泉卵か?といいたくなる自分の作品。
視線の辺りから落とすと胸まで弾む、立派なスーパーボールだ。

できあがったのはオレンジ一色と、青のマーブル模様。
マーブルにしようとした覚えはない。絵の具が均等に混ざっていなかったのではないかと推察される。


これでもうまく丸まったと自負している

青の方は、ガガーリンの言葉「地球は青かった」を借りて、「地球さん」と名付けよう。
白の入り具合がなんとも雲のようではないか。

オレンジは…もちろん「Zくん」だ。


凶悪な顔のZくん
にゅみーん
ぐりょーん

さて旅に出よう

森を抜け川を越え、などというわけにはいかないが、住宅街を出発してボールを転がし、たまに弾ませ、「地球さん」と「Zくん」を交代で案内役に見立てる。

ころころと我が道をゆく二つのボール。手作りゆえの歪みも、また予想を裏切る動きをする。


弾む!
Zくん、ひと休み…
おおう、待て待て
躍動感のあるZくんだ…

途中からサイクリングロードに入った。そこはもう芝生に挟まれたアスファルトで、散歩天国、自転車天国なのである。

すれ違うのは自転車に乗りつつ大声で歌う人、大音量でラジオ鳴らす人、犬を散歩させる人。
彼等の目に、ボールを追いかけ、また投げ、走って追う私はどう映っただろう。


輝く散歩道で前屈み

そして辿り着いたのは海だった。
晴天の中カイトサーフィンをしている人が「海満喫!」とばかりに水面を滑る。

この砂浜をもって、今回の旅の到達地点とさせていただきます。
だって、砂だと弾まないし。


青い空、青い海、足元にはスーパーボール

うまいことオチがついたような旅の終わりだが、サイクリングロードが川の下流の脇道だったので、途中から予想はできたゴールだった。
川にボチャン、で終了ー、となるよりはずっとまともな、青春映画のような終わりの旅だった。

スーパーボールに導かれ、曲ったことのない道に入るのも、少しだけ非日常でいいかもしれません。
立ち入り禁止の場所に入ってしまっても、「いや、ボールが呼んでるから」という言い訳もできるし。

お疲れさまでした。

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation