デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ260
 
エレベーターの昇り降りの音の秘密

ある方から次のようなお便りをいただいた。

>エレベーターが到着する時のチャイム
>というか、お知らせ音、
>下に行く時は音程が下がり、
>上に行く時は音程が上がる、らしいです。

つまり、「ピンポーン」と「ポンピーン」の違いがしっかりと上下行きにあるということ。そういえばそうだったかも、とも思うが、でも音階ってあったっけ・・・?記憶があいまいだ。

なので、ちょっとそのあたりを調べに、三菱電機さんにお邪魔しました。

乙幡 啓子

広報部の泉さんに前もってお願いしたところ、大手町の本社応接室にて、総勢3名でお迎えいただく。、当方はひとり。これから「エレベーターの昇り降りの到着時の音のこと」を聞く私に、なんと手厚い応対だろうかと恐縮の至りだ。

左から、広報部泉部長、ビル事業部藤田さん、同じく宮本課長。

「昇降機営業設計部 技術計画課」という宮本さんに、ひとおおりお話をいただく。

「到着時の音ですが、確かに、昇りは音階があがり、下りは音階がさがります。やはり感覚で違いを持たせているんですね。
「最近は視覚に障害を持つ方に喜ばれています。
とも。確かにそうだ。

「音階ですが、最初の予報音(上下矢印ボタンを押したとき、ランプ点灯とともに鳴る音)は単音、そして到着時は2連音と4連音があります。」
しかし自分の経験では、「ピンポーン」や「ピンポンンピンポーン」などの楽しい音階付きにはお目にかかったことがないような・・・。そう申し上げると、「サンプルのパワーポイントファイルがあるんで持ってきます」と藤田さんがさっと立ち上がった。営業用ファイルを、そんな、恐れ入ります。


これがその営業用ファイル。ボタンをクリックすると音が鳴るしくみ。

では、2連音・4連音の到着音を、じっくりご堪能いただきたい。最初のが上昇時、あとのほうが下降時の音である。

2連音(UP) 2連音(DOWN)
4連音(UP) 4連音(DOWN)

思い出した。そういえば2連音は聞いたことがある。でも、ゆったりと余裕のありそうなこの雰囲気でいくと、オフィスビルというよりホテルで聞くほうが多いかもしれない。

しかし4連音は、聞かないですねー。いちども聞いたことないと思いますが、どうでしょうか。
「こういった音は工場出荷時にプログラムしますが、設置後に変更もできます。でも、4連音入れてるって話はあまり聞かないですねー。毎日聞くとうるさいって感じるからでしょうか。」と宮本さん。

毎日通うオフィスに4連音エレベーターがあったら、退職したあともこの4連音を聞くたびに朝コーヒー飲みたくなったり、ランチ選びの憂鬱がよみがえったりするんだろうか。ちょっとしたパブロフ効果だ。

他にもいくつか音声関連の話を聞いた。
最近は、エレベーターが満員になったとき無機質な「ブー!」というブザーではなく、「満員です」という趣旨の女性アナウンスが鳴るようになっている。「気配りアナウンス」というそうだ。確かに、あの「ブー!」は何か人格まで否定されたような気になるから、気配りのきいた機能だ。

そういえば女性アナウンス、合成音ではあるが元は人間が録音している。あるとき、客先でいくつかアナウンスの種類を増やすことになり、そこを担当していた女性ナレーターに追加録音をしてもらいプログラミングしたら、声が微妙に変わっていた。どうやらそれは最近妊娠したせいだという。なので、最初から一通り録りなおしたそうだ。

ふだん街で聞く合成音も、元のこういう苦労や工夫を聞くと、何か人間味を感じてくる。三菱さんをあとにしてからも、聞こえてくるちまたの人工音のルーツが気になってしょうがなかった。



 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation