デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ261
 
お風呂ガーデニング

家の前に置かれた植木鉢。陶製の植木鉢よりも、むしろ、元々は植木鉢ではなかった様々な物が、鉢としてリサイクルされているのをよく見かけます。

小さいものはペットボトルから、大きくなるにつれてバケツ、樽、発泡スチロール箱のプランター、ゴミ箱。そして、ひときわ大きな植木鉢として使われている代物が、あれです。

八二一

お風呂です

使用済みでお払い箱になった浴槽。これ、意外と植木鉢に再利用されていることが多いんです。
お風呂さえあれば、庭のない家でも大きな植木が植えられる。水はけ用の穴も完備。これはもしかして、理想の植木鉢と言えるのではないでしょうか!?

 

これなんか、玄関前に置かれてもまったく違和感がなく、見れば見るほど植木鉢みたい。もう、浴槽も植木鉢になりきっています。




浴槽ひとつで箱庭の完成
>>別角度から
ペットボトルで猫よけしたりして、まさに庭気分

軒先に並ぶ植木たち。鉢、鉢、鉢、風呂。
雑草………!?いや、大きく育つ苗木に違いない。

これは、何の鉢?

ステンレス浴槽に緑の葉っぱがちょこんと出ている。
近づいてみると……


池です!

なるほど、庭といえば、池。
ちゃんと雨水も雨樋によって供給されるシステムになっています。水草による酸素もあり。ここに究極の資源のリサイクル、小宇宙がありました。



金魚も飼ってます

大きなサイズの陶器の植木鉢といったら、非常に高価。しかも、浴槽のような特大サイズのものはまずないでしょう。庭がなくて、ガーデニングに消極的だったあなた、浴槽ひとつで悩み無用ですよ!

せっかくだから、この際、リサイクルと言わず、ガーデニング用に新品の浴槽の購入を考えてもいいかもしれない、ここだけの話。


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation