デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ363
 
特製肉まんはほんとうに特製か?
ファミリーマートの肉まん(100円)と極上豚まん(260円)。2.6倍の値段の開きが気になる。

肉まん。コンビニエンスストアではおでんと並んで定番のアイテムである。冬の寒い日、外出した帰りに駅前のコンビニに立ち寄って帰り道を歩きながら食べる肉まんはなんと美味いことか。
そんな幸福を100円そこそこで提供してくれる肉まんだが、そのバリエーションは多種多様で値段にも大きな開きがある。昨今のコンビニでは肉まんと特製高級肉まん(店舗によって呼び名が異なる)が存在し、肉まんを買おうと思ったもののどちらの肉まんにすべきかとレジで悩んでしまう事がしばしば起こる。

そこで今回はコンビニの肉まんを中心に様々な肉まんを買い、その中身を調べる事にしました。

梅田カズヒコ

新宿高島屋B1の中華惣菜屋で肉まんを購入。

せっかくなのでちょっと豪華な肉まんも買ってみた。

ここだけの話、僕は肉まんが大好物である。子供の頃、塾に通う日はおなかが空くしなんとなく気分がダウナーになるので好物である肉まんを食べてから授業を受けにいった。
そして今、僕は原稿制作という大人の理由を盾にあふれんばかりの肉まんを食べようとしているのだ。この機会を有効に使いたい。そこでコンビニの肉まんだけでは味気ないので百貨店の中華惣菜コーナーで本格派の肉まんも買ってみた。

もちろん各社コンビニの肉まんも購入。その数13個。いざ、中身比べ!

 

am/pmの場合。

西新宿のam/pmで購入。井村屋の包み紙、どうやらam/pmは井村屋の肉まんを提携販売しているようだ。


肉まん(am/pm)105円

西新宿のam/pmで購入。井村屋の包み紙、どうやらam/pmは井村屋の肉まんを提携販売しているようだ。


豚まん(am/pm)160円

味付けが薄味になっている。先ほどの肉まんと比較し肉の量が1.5倍ほどに、さらにしいたけが入っているのが特長。

 

サンクスの場合。

渋谷区初台のサンクスで購入。売り切れ寸前の中、手にいれてきました。


肉まん(サンクス)105円

皮の波打ち具合の加減が食欲を刺激するサンクス肉まん。100円肉まんの割に肉が多いがぱさぱさしている。皮が分厚いのが特長。


大肉包(サンクス)200円

高級品の証に上部にザーサイのようなものが乗っている。フカヒレが入っているらしいが、くずきりのような食感でした。でも肉厚でうまい。

 

セブンイレブンの場合。

渋谷区笹塚のセブンイレブンで購入。肉まんは通常は紙の包装が多いんですが紙袋にいれられました。


肉まん(セブンイレブン)100円

リーズナブルな割におやつに甘んじないを精神をもった肉まん。肉の量は比較的少ないもののしっかりとした肉の味わいがある。


大入りジューシー肉まん(セブンイレブン)200円

あふれるほど具だくさんであるが味のベクトルとしては前者の肉まんと変わらない。やや薄味か。

 

ローソンの場合。

笹塚のローソンで購入。紙の包装と赤い文字が食欲を刺激する。


肉まん(ローソン)105円

肉厚な部分やタケノコのコリコリ感が残る場所があったりと味にむらがあって楽しい。トロトロ度と甘みが強いため胃に貯まる。


吟醸肉まん(ローソン)165円

他社の特製肉まんは量で勝負してきたがこちらは肉のリアルな食感で差異をつけようとしている。後味がさっぱりしている。なるほど

 

ファミリーマートの場合。

笹塚のファミリーマートで購入。極上肉まんはコンビニ肉まんとしては最高値の260円。さて、お味は?


肉まん(ファミリーマート)100円

タマネギの量が多く、結果歯ざわりに特長を与えている。100円系肉まんは濃い味になりがちだがさっぱり味に抑えることにも成功している。


通の極上豚まん(ファミリーマート)260円

とにかくでかさに圧倒。コンビニ業界を震撼させた260円の肉まんはただただ量の多さで勝負しました。

 

ここからはコンビニ以外の肉まん。

シュウマイで有名な崎陽軒の肉まんほか百貨店のデパ地下グルメ、ファーストフードものなどを調査してきました。


肉まん(ミスタードーナツ)157円

皮がきれいに渦巻き状になっていて芸術度が高い。味はおやつ肉まんの王道を行くスタイルでした。具が少し固まっているのが特長。


崎陽軒の肉まん(新宿高島屋)210円(一個あたり)

これぞ本物の中華肉まん。肉本来のジューシーなうまみが最高です。具がぎっしり!


北京点好(新宿高島屋)157円

こちらは濃厚な風味が特長。小振りながらかなりの充実感が味わえます。最後に食べたので少しもたれたかも。

 

最後に手前みそながら簡単な座標軸を作ってみた。主観的な判断なためいろいろと異論はあるかもしれないが公正にジャッジしたつもりだ。肉まんを買う際に参考していただけるとありがたい。(ちなみにFMはファミリーマートの略)

 

ファミリーマートの肉まん二つ。大きさが極端に違います。

100円から260円、コンビニからデパ地下までの肉まんを食べ比べてみたが、言えることは高いから美味いとか、安いからまずいのではなく、どの肉まんもそれぞれ独特の個性を出していて美味いという事だった。全部食べ比べればあなたもきっと高級品に勝るとも劣らない100円肉まんを探し出すことが可能かと思われる。
とにかく味にさまざまなバリエーションがあり、肉まんの裾野の広さには驚かされた。

あと、食べ比べる時は一日一個でゆっくりと食べ比べるのが良いかと思います。僕は実に9個もの肉まんを食べきり、胃になまりを入れられたような気分にさいなまれました。



 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation