デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ384
 
くじらの玉を食べた。

刺身だの寿司だのカルパッチョだの生の食べ物が好きだ。特に肉類の刺身はなかなか無いのでメニューで見つけたら必ず注文する。レバ刺、馬刺、ユッケ、なんでもウェルカム。
そんな無類の生肉刺身好きの私に友人がもってきた情報は「くじらの睾丸の刺身」が食べられる店。牛の睾丸も豚の睾丸も刺身では食べたこと無い。牛や豚より流通量は少ないはずなのに鯨の睾丸とは・・。
こんな珍しいものは食べねばならぬ。その情報を耳にした時からもう腹はくくってましたゼ。
食べに行っちゃうんだからなー!

藤井 季美

■場所は浅草ロック座付近

浅草のロックフラワー通りにある鯨料理の専門店「捕鯨船」。お笑い芸人が集まるお店として有名らしく店内は芸人さんの写真やサインがいっぱい。

クジラ・クジラ・クジラ 「鯨専門店だぜぃ」と目一杯表現してます。
長細い店内。カウンターの幅も細め。
壁のサイン。壁中サインで誰が誰のか分からずも一枚パチリ。誰のなんだろう・・・
おお、これは北野武さんではないか?!(左上)
初めて聞く会ですが、拳を振り上げるおじさんの絵は楳図かずおにインスパイアされてるのでしょうか。
お店のおばちゃんはソロバンで勘定してます。さすがです。

 

■魅力的すぎる本日のおすすめ



『本日のおすすめ』を見ると魅力的なメニューだらけ。生肉の刺身&ホルモン好きの私にはたまらないラインナップにくらくら。 しかし欲望のままに全部注文したらお財布がもたない・・・。 悩みに悩んだ末にレア度の高そうな以下の3品を注文。
【くじらの皮とさしみのミックス】
【くじらの豆わた(じん臓)】
【くじらの睾丸】

くじらの皮とさしみのミックス

上にある白いのが皮。皮と言っても脂肪のかたまりという風でねっとりとした脂肪が口の中で溶けます。皮の下に赤身の刺身が隠れてる。

くじらの豆わた(じん臓)

じん臓といえばホルモン焼きではマメとして出されてるもの。牛や豚は食べたこ
とありますが、クジラは初めて。臭みがなく、つるっとしてる。食べやすいです。

くじらの睾丸

この切り方では元の形状がどんなんか全く想像つかないですね。
まあ、なんというか・・白っぽくてなんだか赤味がまだらになってて、なんか、ある意味、想像通りで、そのぅそれっぽいです。


にんにくとショウガのすりおろしの入ったお醤油につけて食べます。

んっ?

 

つるっとしてて、ちょっとぬるっとしてて、軽くコリコリとした歯ざわり。そのものの味はほとんど無いです。初めて食べる食感。魚とも獣とも違う不思議な味。 不味くはないけど特別美味しいというわけでもない。 こういう食べ物って美味しさよりも珍しさが売りなんだろうなぁ。
『お薦め!』とは言えませんが、『くじらの睾丸食べたことあるんだぜぇ』という事実に私は満足です。


更にメニューを観察すると・・
他にも気になる食べ物がいろいろ

くじら入り焼きそば 牛の煮込み くじらのテキ

【くじら入り焼きそば】
こう大胆に海苔がのった焼きそばは初めてです。くじらの切り身が細かく入ってます。見た目を裏切らない味で美味しかったです。
【牛の煮込み】
いろんな部位が入ってて何がなんだかよく分かりませんがコトコトよーく煮込んであって旨味が出ててすごく柔らかい。
【くじらのテキ】
牛のハラミみたいでジューシーでおいしい!

おいしい〜

捕鯨船 (ほげいせん )
東京都台東区浅草2-4-3 TEL:03-3844-9114


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation