デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ387
 
サイドカーに乗ってみた

(text by 大塚 幸代

わたくし、普通免許は持っているのだが、ペーパードライバーだ。
正直に告白すると、免許取りたてのとき、電柱に車を「ぽこっ」とぶつけ、車体をヘコませたことがある。
車体と同時に精神的にもヘコみ、運転する自信がなくなった。
(ちなみに『スーパーマリオブラザーズ』は、2面までしかクリア出来ないという運動神経だ。)
そんなわけで、50ccのバイクなら乗れる資格があるのだが、「私が運転したらまずい、世界に対してまずい!」と思うので、乗らない。大きいバイクなんてもってのほか。いや、乗ってる人を見ると、かっこいいなあ、気持ちいいだろうなあ、とは思うんですが。

そんな私に、当サイト読者の方からメールが。
「僕はサイドカーを趣味にしているんですが、都内に専門店があるので、大塚さんも試しに乗ってみてはいかがですか?」
……サイドカー! 運転せずに得られる気持ち良さの頂点、みたいな乗り物じゃないですか!
そんな専門店が! 乗る乗るー! ……というわけで、杉並区の「ブリストルドックス」さんまで行ってみました。




「……では、サイドカーのことを簡単に説明しましょう」
同行してくれた友人・カキタさんとふたり、ダンディな支配人・池田さんの入れてくれたコーヒーを飲みながら、説明をききます。


模型がいちいち可愛いな。

「サイドカーっていうのは、まず、まっすぐ走ることが、大変なんです」
「……ええ?」
「バイクの部分の車輪はエンジンで動くわけですが、サイドカーの部分の車輪は、動かないわけですよ。すると、そのまま直進しようとすると、サイドカーの付いてる側に、ぐるっと回りこんでしまうことになるんです」
「あ、なるほど」
「こういった左右への動きをコントロールする必要があるだけでなく、遠心力による車体の傾きに対する、重心の移動が必要になることもあります」
「えーと、つまり……バランス感覚が必要なんですね」
「サイドカー側に乗る人はパッセンジャーと呼ぶんですけども、サーキットを走る時なんかは、パッセンジャーも一緒に体重移動してバランスをとらないと、いけませんからね」
「うわーそうなんですか」
「サイドカー部分の車輪が動くタイプもあって、それはオート三輪と同じような乗り物で、運転しやすいんですが、それだと物足りなくなってしまう方もいますねえ」
「趣味性が高いんですね」
「サイドカーって、世界では……キューバあたりではよく見られる乗り物なんです。そこでは本当に実用的に、車よりも安い移動手段として使われているんですが、日本でサイドカーというと、やはり好きな方が乗るという感じになりますね」
「なるほど……」

私がサイドカー部分に乗り、運転する池田さんの後ろにカキタさんが乗って、周辺を走ってもらうことにした。



うーむ、多少ビビりながら乗り込む。

「これ、どうやって乗るんですか?」
「クッションの部分、踏んじゃって入っていいですよ」
「おお、バイカーはさすがにワイルドですねえー」



「うわ、なんか変な感じ! 遊園地の乗り物に乗ってるみたいだ……」
「ではいきますよー」
「きゃーーーーーーーーーーーーーーーーーー」
「しえええええええええええええええええええ」
絶叫するわたしたち。



杉並の街を走る。
低い! 目線が低いから速く感じる! 怖、こええええ!



しかし、メーターを見ると、20キロほどしか出てなかった。
大きな道路に出て、とばしても40キロだ。ばりばりの法定速度!
でも体感速度が違う。ひゅーーーとどこかに吸い込まれていくような感じがする。
説明されたように、身体にGがかかる。乗り心地も「遊園地にある、振り回される系の乗り物」に似ている。お、おもしろーーーい! でもきっと運転はできなーーーい!

帰り、カキタさんと交代して池田さんの後ろに乗せてもらったのだが、これがサイドカー部分よりも、Gがかかってきて驚いた。
こんな感じで運転してるのかあ! と、ちょっと分かった。運転するだけでゲームのようだ。好きな人はハマるはずだ。

バックヤードで、普通免許で運転出来る、50ccのサイドカーも見せていただいた。


「おおおお、小さい! かわいー!」



「これ、公道じゃなくて、バイクを走らせるための場所で走るときは、こーんな感じで身体を寄せて乗ったりするんですよ」
「おお……なんかもう、スケボーみたいですね」




「うわ、これ欲しいかもしれない……」

ちなみにサイドカー愛好者の中には、「横に乗ってくれる女の子募集中」の独身男性も多くいるそうです! いいこと聞いた。
運転してみたい人も、運転出来ないけど乗ってみたい人も、興味がわいたら、まずはブリストルドックスさんで試乗してみてはいかがでしょうか?
マリオが2面までの私でも、怖がらずに乗れたので、乗るだけならまず大丈夫です。 
すっごい、おもしろいよ!


●ブリストルドックス
営業時間 OPEN:11:00〜CLOSE:20:00 火曜定休
東京都杉並区宮前4-25-19
TEL:03-3247-5245
http://www.bristoldocks.jp/

店内にあったBMWのサイドカー。「雨のときはこんなふうに、ホロが付けられます」「……運転してる人は濡れっぱなしですか?」「そうですねえ、これ、横に乗ってる人のほうがエラいですからね(笑)」「そうなんですか!?」


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation