デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ396
 
せんべいあんこサンドに触発されて

せんべいカフェ、というのがある。名前の通り、コーヒーやお茶のおともにせんべいが食べられるお店だ。へえ、と思って行ってみたら、メニューの中に何やらソワソワせずにはいられないものを発見した。

「ソフトクリーム(せんべいトッピング) 」
「せんあんサンド」

ソフトクリームにせんべいをトッピング?
いやその前に、せんあんサンドって、何。

食べてみるとそこには甘としょっぱの夢のコラボレーションが広がっていたのでした。触発されて、自らもメニューの開発にも乗り出した一部始終をご覧下さい。

(text by 古賀 及子

垂れ幕メニュー。何とも形容しがたい下のイラストが「せんあんサンド」

まずはせんべい入りソフトクリームを

問題のせんべいカフェは池袋西口の東京芸術劇場内にある「はなもも」というお店。中はぱっと見普通のおせんべい屋さんなのだが、イートインスペースが。確かに、カフェだ。

さらに覗くと、レジカウンターの後ろにソフトクリーマーが見えた。おおー。まずはせんべいトッピングのソフトクリームからいただいてみましょうか。

ソフトクリームのフレーバーといえば全体的にすでに行くところまで行った感がある。両国にも割ったお煎餅を混ぜたソフトクリームを出す店があるというし、これは間違いなく美味しいでしょう!



せんべいが、グサリと

ねっとり甘い、サックリしょっぱい
普通のお煎餅みたいですが…

遠慮なく突き刺さるせんべいに多少ひるみつつ食べてみる。お。サッパリというよりも粘りのあるねっとりしたソフトクリームがしっかり甘いのでせんべいの醤油味に負けてない。ははあ、なるほど。

煎餅・サックリしょっぱい、あられ・カリカリしょっぱい、ソフトクリーム・ねっとり冷たい甘い、ワッフルコーン・サックリ甘い。この繰り返しがやばい。3つぐらい食べられそうです。甘い物としょっぱい物の繰り返しの無限を実感。

甘い+しょっぱい+炭水化物=……ん? そうか、これはみたらし団子と同じ原理か?

そして「せんあんサンド」とは

さて、続く問題のせんあんサンド。これ、せんべいにこしあんを挟んだものだった。ザラメせんべいのあんこバージョンということだろうか。

自宅にせんべいとあんこが偶然あって、なんとなくチャレンジした、みたいなメニューだ。正面切って売り物として提供されるとやはり唐突感はいなめない。


きっちりあんこが挟まってます

せんあんサンドはコーヒー、お茶、紅茶とセットで頼むイートイン用と、テイクアウト用が用意されていたので、テイクアウト用でお願いした。

袋には「生ものですので早めにお召し上がり下さい」のシールが。生ものとしてのせんべいってのも初めてだ。帰って居合わせた妹と早速試食してみた。


ん!(↑妹です)

いや、これがやたらと美味しかったのだ。柿の種(スナックの)やポテトチップをチョココーティングしたものはあるが、あんことせんべいも同様の手口でいけるとは。

もしかして、せんべいって甘味と無茶苦茶相性がいいのではないか。独自にあんこ以外も挟んでみようじゃないの!


せんべいソフトの感動よ再び

まず試してみたのはバニラアイス。せんべいソフトが美味しかったので、これは間違いなさそうだ。


写真を撮っていたらとけてきました!

しまった、とける。急いで食べます!

妹「(ばりっ、もぐもぐ)…わー!(垂れた)」
姉「どうどう?」
妹「(垂れ続ける)わー! おいしい! けど! (垂れる)」


どれ


姉「(食べる)わー!(垂れる)おいしい! わー!(垂れる)」

なんだかお祭り騒ぎに。でも、うん、なかなか美味しいです。せんべいの方の分量が多いと醤油味に負けてしまうので、コツはよく凍らせたアイスをせんべいよりも多めに挟むといいと思いました。


生クリームサンドはどうか

さらに調査は続行。アイスがいけるなら、生クリームもいけるんじゃない?


多めに挟む

妹「(ばりっ)わっ!」


はみ出した

当たり前だが、大げさにはみ出した。しかも。

姉「(ばりっ、もぐもぐ)……ん? 何でだ? おいしく……ないねえ?」
妹「(ばりっ、もぐもぐ)……あ…本当だ。甘みが足りないんじゃない? なんかクリームのあぶらっぽさが引き立っているよ…」
姉「カスタードクリームの方がよかったかなあ?」

どうも、中に挟むものは、はみ出さないようにある程度の固さのある、しっかり甘い物がいいようだ。ええと、まわりに何かないかな。


ちょうどいいサイズのものが

甘くて、ある程度の固いもの。周りをさがして、丁度良いサイズのものが見つかった。


月見バーガーのようになってますが

いただきもののバウムクーヘンだ。何とジャストサイズ。これならかぶりついたときはみ出る心配もないし、しっかり甘いので醤油の味にも負けそうにない。


せんべいに挟むために作られたかのようなサイズ

妹「(ばりっ)……うわっ、何だ、この食感は」
姉「(ばりっ)……わっ、ほんとだ」

何しろ、まずは今までに味わったことのない食感に驚き。


バリっ、のち、ふわっ

妹「(むしゃむしゃ)……ていうかさ」
姉「(むしゃむしゃ)うん?」
妹「挟む必要が全く感じられなくない?」

しょっぱい物と甘い物を合わせて食べてみよう。シンプルな入り口だったはずが、何だかおかしなことになっている。

 

結論

以上を踏まえ、分かったのは
・チョコレート、あんこ、アイスクリームなど、しっかり甘い物がせんべいに挟むには向いている
・すでに美味しく最終型として加工されているものは、挟む必要がない
ということだった。

おまけ

そういったわけで、甘いとしょっぱいの夢の競演実験は終わったのだが、せんべいに挟むものとして、どうしても試したかった物があったのでついでにチャレンジしてみた。


ご飯

甘×しょっぱの組合せもドリームだが、炭水化物×炭水化物も禁断のにおいがする。

妹「(バリっもぐもぐ)これは……!」
姉「(バリっもぐもぐ)……これは?」

なんだが、おにぎりっぽかった。妹はせんべいが海苔の役割を果たしているからではないかと言うが……ちょっと不思議。

今度はパンも挟んでみようか。いや、もういいか。

ソフトクリーム(せんべいトッピング)とせんあんサンドは
こちらのお店で食べました

おせんべいカフェ はなもも

東京都豊島区西池袋1-8-1
東京芸術劇場内1F
TEL.03-5949-6287


店内にかかっていた絵画。りっぱなお煎餅です

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation