デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ564
 
のーまんじゅう
お菓子売り場にて異色を放つ。

のーまんじゅう。

沖縄に来たときから気になっていたのだが、県内のスーパーの食品売り場だとかお菓子売り場だとかに朱色で大きく「の」と書かれたまんじゅうが売られているのだ。これがどうやらのーまんじゅうと呼ばれているまんじゅうらしい。大きさが大きいのはまあ沖縄サイズということにしても、なぜ「の」なのか。意味がわからないので製造元へ行ってきました。

安藤 昌教

今は住宅街の一角にありました。

移転してました

のーまんじゅうは本名ぎぼまんじゅうというらしい。以前は寺の境内で販売していた、という話を聞いたので行ってみたら今は普通の寺になっていた。もうまんじゅうは辞めたんですか、と思ったら移転したとのこと。


まんじゅうがそのままシンボルマークになっています。

寺の前に貼られた移転先の地図を頼りに歩き回り、どうにかたどり着いたのがここ、名物ぎぼまんじゅうのお店。まんじゅうがそのままシンボルマークになっているのでわかりやすい。

店に入ると蒸しあがったばかりのまんじゅうのおいしそうな匂いが充満していた。二つ下さい、と注文すると「の、入れますか」とおばちゃんに聞かれる。ええ、もちろん入れてください。

注文を聞いておばちゃんが蒸しあがったばかりのまんじゅうに「の」を書いていく。ついにその瞬間を捉えたぞ、と思っていたのだけどおばちゃんの筆さばきがあまりにも速いので写真に撮ることができなかった。この失敗が後に僕に起動の速いデジカメを買わせることになる。

おばちゃんは「の」を入れたまんじゅうを月桃の葉に包んで渡してくれた。ちなみにこのサイズで1個100円。


の、書く前のまんじゅう。
写真には写せないほど高速で「の」が書き込まれていきます。

この方は二代目ハルおばあちゃん。

「の」は「のし」です

おばちゃんいわく「の」は「のし」の「の」で、縁起がいいという意味があるらしい。縁起がいいからまんじゅうに「のし」って書こう、だけど「のし」だと長いので省略して「の」でいいんじゃないか。そうやって生まれたのが「の」まんじゅうなのだ。

なんかすでにありがたいのかどうかすらよくわからなくなっているが、白地に朱色で「の」と書かれたまんじゅうの迫力は確かに悪いものを遠ざけるような気もする。


お願いしてZ君を書かせてもらったんですが。
なんか違う感じがしますよね。

うまいよ。

うまければいいです

好意で筆を取らせてもらったので、Z君を描いてみた。だけどどこか違う。家に帰って確認したらそうかZ君って鼻が無くて口があるんだ。まあいいや。

蒸したてのまんじゅうはとろーっとしたあんこにほのかに香る月桃がスパイスになって本気でうまかったです。味はうまいし縁起はいいし、かなりお勧めですよ、「の」まんじゅう。

ぎぼまんじゅう

沖縄県那覇市首里儀保町3−19
電話098−884−1764
9時から17時(売切れ次第終了)


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation