デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ601
 
リカちゃん人形の聖地巡礼〜製造工場潜入レポート
げに恐ろしきヒグマのリカちゃん

リカちゃん人形マニアから「聖地」と崇められるお城が福島県に存在する。

その名も「リカちゃんキャッスル」。

人形を実際に作っている工程を見学できたり、レア物のリカちゃんが陳列してあったりと、それはもう夢のような楽園であるらしい。

ぼくはリカちゃん人形にまったく思い入れがないのだが、「聖地」を巡るのは大好きである。なんだか妙なエネルギーをもらえるような気がするから。

そこで今回は 福島県の小野新町にある、リカちゃんキャッスルを巡礼してまいりました。もうリカちゃんだらけ。前回紹介した蕪島のウミネコに勝るとも劣らない繁殖ぶりでありまして。

めくるめくリカちゃんワールドを、とくとご覧あれ。

(text by ステッグマイヤー名倉

JR小野新町駅。小野小町の故郷だそうで。
小野新町駅で下車

JR郡山駅から列車に揺られること50分、最寄り駅である小野新町に到着する。

あたり一面に広がる畑、点在する民家。ぽかぽか陽気のほがらかさも手伝って、なんとも牧歌的な気分になってくる。

こんな長閑な片田舎に、本当に「聖地」が存在するんだろうか…。少々不安を覚えつつ足をすすめる。
 

5月になってもまだ美しい桜並木。
川べりでうんこ座りするサラリーマンの姿も。
 
リカちゃんキャッスル全景。まるでラブホ。
いきなり聖地出現

地図のとおりに10分ほど歩いていたら、突然こんなものが目に飛び込んできたのでした。

こ、これがリカちゃんの聖地ですか!? ううむ、どう見てもラブホにしか思えないのだけれど……。

ぼくのような三十過ぎの男が足を踏み入れるのはどうも抵抗があるけれど、とにかく入ってみることにしよう。

笑顔とがんばりの町。
キャッスルの敷地に足を踏み入れる。
 
客のほとんどは親子連れ。ところで顔ハメの使い方が間違ってます。
「顔ハメはこうするのやっ!」と小生。
 
入場料は大人500円なり。

いよいよキャッスル内部に侵入

受付でチケットを購入して、キャッスル内部へと足をすすめる。

まわりは親子連ればかりで、ぼくのような者は明らかに浮いている。こういうのに慣れきって感覚が麻痺している自分が最近ちょっと不安である。

それはさておき。中に入ると、まずは製造工場の見学である。

製造工場全体を一望できる。

 

目の黒い部分を描く工員。
製造工場をひととおり見学

工場は周囲がすべてガラス張りになっていて、客は自由に眺めることができる。

工程は完全分業制になっていて、「目の黒い部分を描く人」「目の白い部分を描く人」「唇を描く人」という風に、細かく担当が決まっている。

そしてガラスにはハエがとまってました。

では次に、製造工程を紹介します。
 

この人はひたすら唇を描く。
ガラスに大きなハエ。リカちゃんの聖地にもハエ。

 

成型するための金型のカットモデル。
工程その1:成型

金属の型にゾル(どろどろに溶けたビニール樹脂)を流し入れて高温で熱すると、人形のかたちに固まる。

これを冷やして取り出せば、ごらんのようなパーツが完成する。

 
目はすべてスプレーで吹き付ける。
工程その2:彩色

顔にマスクを被せて、「白目」「ひとみ」「眉毛・睫毛」「黒目」の順番に、塗料を吹き付けていく。

さらに注射器を使って、目にハイライトの「星」を入れて、リカちゃん顔の出来上がり。

最終的なカットは手作業。
工程その3:植毛

特別なミシンを使って、化学繊維製の毛を植えつけていく。

さらに高温で毛髪にくせをつけ、ハサミで前髪をカットして頭部の完成。

なんかヤラシイのう。
工程その4:組立 

胴体に四肢を組み込んだうえで、胸と背中を超音波で接着してボディが完成。

さらにボディと頭部をジョイントすれば、リカちゃん人形の出来上がり。


お次は歴代のリカちゃんの紹介コーナーです。
ぼくには違いがさっぱり分からないんですが…。
皆さんはお分かりになりますか?

初代リカ(かわいいリカちゃん)
額が広くて彫が深いのが特徴だそうで。

代目リカ(ニューリカちゃん)
初代よりもアゴが広くなっているそうです。

代目リカ(おしゃれなリカちゃん)
アゴが細く、目が垂れ気味になってるらしいです。

4代目リカ(NEWリカちゃん)
初顔が丸っこく、やわらかい表情になっているとのこと。
2代目は「ニュー」、4代目は「NEW」リカちゃんですか。

 

製作第1号リカちゃん。きっとすごいプレミアなんでしょうな。
いろんなリカちゃんが続々と

さらに展示ブースへと巡礼を進めると、「これでもか!」「もう参りました!」という位にいろんなリカちゃんがズラッと並べられていたのでした。

プレミアものの貴重品はもちろん、マリーアントワネット・リカちゃん、人魚リカちゃん、熊リカちゃん、歌舞伎リカちゃん、etc, etc...。

この調子でいくと、そのうち「小泉純一郎リカちゃん」とか「妻夫木聡リカちゃん」とかが登場するかもしれませんな。

マリーアントワネット・リカちゃん。なにか間違ってるような気が…。 
おひな様リカちゃん。
着ぶくれリカちゃん。
人魚リカちゃん。もうなんでもアリだ。
ついついカメラ小僧の目線になってしまう情けなさ。くー、もうちょい!!
ついにパンチラゲット!! ちゃんと白いショーツを穿いておられました。
リカちゃん。思わず噴き出してしまった一品。
リカちゃんは大きめのブラシがお好き。
もはやリカちゃんにあらず。誰だよこれ!?
「リカちゃんを探せ!」コーナー。この中に一体だけ、本物のリカちゃんがいるそうです。
挙句の果てに「リカちゃん七福神」。とくに言うことはありません。

 

リカちゃんと手をつないで、ハイチーズ!!
リカちゃんと記念撮影

プレイコーナーでは、生身のリカちゃん(?)が愛嬌をふりまいていた。

見ればチビッコたちが、リカちゃんと手をつないだり、一緒に写真を撮ったりしているではないですか。いいなァ…。

というわけで小生も、当たり前のようにリカちゃんの横に並び、グッと手を握りしめて記念撮影してもらったのでした。

あとから写真を確認したら、予想以上のヤバい雰囲気に自分でも唖然。

ちなみに、リカちゃんの着ぐるみは目が見えない仕様のようだった(右下の写真参照)。いきなりデカい手で握りしめられて、さぞビックリしたことでしょう。すみません。
 

そういうことなら小生も…。グッと手を握りしめて、ハイチーズ!! 
係員に手を引かれて退出するリカちゃん。どうやら目が見えないようで。 

 

美人&ハンサム。ちくしょう。
帰途で新郎新婦に遭遇

とくに念願でもないのにリカちゃんと握手までできたので、すっかり満足して帰途についていたところ。

ちょうど新郎&新婦に通りすがったので、ついでに記念撮影させてもらいました。

いったい何をやってるのか、自分でもよく分かりませんが。

何の疑問も抱かず撮影に応じてくださった新婚さん、ありがとうございます。
 


ウェディングドレスの足元はスニーカーでした。

香山リカ殿に鼻の下をのばす小生

というわけでリカちゃんキャッスル、いかがだったでしょうか?

門外漢のぼくには、いろんなリカちゃんの違いがちっとも分からず、歯がゆい思いをしながら見物していたわけですが。

リカちゃんマニヤの皆さんにとっては、きっとすごいお宝グッズたちだったんだろうなあ、辛抱たまらない興奮があったんだろうなあと想像すると、なんだか悔しい気持ちになってくるのでした。

マニヤになるということは、楽しみの引き出しがひとつ増えることなのかもしれませんな。


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation