デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ610
 
やたらドキドキするフリーマーケット

 

先日
幕張メッセにて
やたらドキドキするフリーマーケットが
開かれていました。

その名も
「どきどきフリーマーケット」。


フリーマーケットは大嫌いな僕ですが
ドキドキするものは嫌いじゃないので
とりあえず行ってきたのですが、

それは確かに
やたらドキドキする
フリーマーケットだったのでした!!

ヨシダプロ

というわけで
入り口です。

 

ホントだ

確かにに
ドキドキするフリーマーケットとのことです。

で、さっそく導かれるままに
会場に足を踏み入れてみましたら
こんなことになっておりました


こちらです。



なにこれ

なにこの人の数

「ウォーリーをさがせ」でしょうか。


ドン引きです。
人ゴミ嫌いな僕は
この壮絶なまでの人の量に
さっそくドン引きであります。


そして
あまりのつらさに
逃げるように
少し先の隣のホールに行って見ましたら、

 


なにこれ

「ナンチャンをさがせ」でしょうか。


ときにはこのように
車がお店代わりにつかわれているホールもあったりと

とにかくなんだかもう
人やら何やらいっぱいいっぱいで

もうウンザリです。

帰りたいです。



一刻も早くこの場から
立ち去りたくなったのですが、

さすが全国でも最大規模のフリマらしく
嫌々いろいろ見てみましたら
ドキドキしたものは確かにいくつかありましたので

今回はそのなかでも
とくにドキドキしたものを
紹介させていただきたいと思います。

●千葉丼
ドキドキポイント(1)

千葉丼!

と、
ここ幕張は千葉県だけに
千葉丼です。


僕も元千葉県民ではありますが
こんな丼
聞いたことありませんが

あまりに自信に満ち溢れたこのネーミングに
かなりドキドキしました。


県民性まるだしで
謎の丼を大々的に掲げていたわりには
その下ではなぜか

沖縄名物の
サーターアンダギー
が売られていました。


千葉丼  いずこへ。


千葉のアイデンティティは
いついかなるときも
どフリーのようです。

●軍事品
ドキドキポイント(2)

続いてはこちら

軍事品です。


よく見てみたら
早朝バズーカでもできそうな
バズーカも売っております。

これ
売っていいのでしょうか。

いろんな意味でドキドキします。

●ファミコン
ドキドキポイント(3)

ファミッ子のために
掲げられたこのフラッグ

ファミコンはここだよ。

ファミッ子とては
否応なしにドキドキしてしまいます。

このフラッグの下に
ファミッ子も大集合しておりました。

でも
ファミっ子の我々を魅了するソフトたちが
安価で大量に売ってはおりましたが、
ハードがあまりに前世代過ぎて
みんな複雑な面持ちでした。

そしてなによりも
このフラッグが

やたらと天高く聳え立っていたのが
いちばん印象的でした。

●ヨンよりワン
ドキドキポイント(4)

ドキドキするこのキャッチコピー

ヨン様よりワン様。

ヨンブームがすっかり過ぎ去っているだけに
ドキドキもひとしおです。

ヨンよりワン。

「流行」より「不易」と
かつて松尾芭蕉も言っていましたが
おっしゃる通りです。
移ろいやすい一過性のヨンよりも
いつの世も色あせない普遍的なワン
にはきわめて共感であります。


ワン萌え〜。

●中東ホール
ドキドキポイント(5)

その字ヅラだけでドキドキしてくる
このホール名。

中東ホール。

戦火が絶えなさそうで
やや踏み入るのに躊躇してしまうホールです。

中ホール・東ホールを
まとめて表記していたがゆえの
中東ホールだったようです。


でその一方
その逆サイには

中西ホール。


中西さん限定のホール
ドキドキします。

●くつ下200円
ドキドキポイント(6)

くつ下が200円
とのことらしいのですが

やや書きすぎです。

200円だと
もうしっかり理解させていただいております。

ここまで書かれすぎると
逆にドキドキしてしまいます。

●出会い系
ドキドキポイント(7)

「出会いの広場」

とのことで
お、公然の出会い系サイトか?
とドキドキしていましたら

ふと
上空を仰ぎ見てみたら

結局
つまり
迷子センターでした。

迷い系サイトでした。

●実践アイデア交流会
ドキドキポイント(8)

実践アイデア交流会。

そのミステリアスな会っぷりに
なんかドキドキします。

でもきっと
アイデアを実践して交流する会なのでしょう。

そのままですね。

●子ども
ドキドキポイント(9)

室内の喧騒を傍目に
会場の端っこで
ず〜っとマンガを
読んでいた彼。

目の前でこんなに人々がワーワーやってるのに
まったく微動だにせず
他人事な様子の彼。
きっと彼
大物になります。

しかも読んでいたのは
ワンピースの最新刊。

彼がルフィに見えて
ドキドキしました。

●売る気ゼロ
ドキドキポイント(10)

で、
最後がこちら

寝ています。


明らかに寝ています。


売り子なのに
シエスタです。

お昼寝です。


家か
とでも言いたくなるようなこの無防備っぷり
かなりドキドキしてしまいました。

風邪ひかないでほしいものです。

 

以上
そんな
ドキドキしっぱなしだった
フリーマーケットでした!

はい。

というわけで
いかがでしたでしょうか
今週の
「フリーマーケットはもうコリゴリ」。


でもとても
ドキドキすることができたので
おかげさまで
フリーマーケットのことを
だいぶ好きになることができました。
どうもありがとうございました。

これからは
お世話になりたいと思いますので
どうぞよろしくおねがいいたします。
ではまた失礼いたします。



出口はそっけなかったよ。

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation