デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ633

 
たまごサンドイッチ味くらべ
たまごサンド。

たまごサンドを味比べしてみようと思う。実は1年ほど前にライターの大塚さんがいちごサンドを比べているが、たまごサンドはどうだろう。
たまごサンドといえば柔らかいサンドイッチの中でもふにゃふにゃしていて歯ごたえというものが無く、総じて素朴な食感である。素朴さゆえに「どこで買っても同じ味だろう」と軽視されがちなたまごサンド。
きっと何気なく食べているたまごサンドにも違いがあるはずだ。ならば、調べてみよう!

梅田カズヒコ

純粋なたまごサンドが売ってない。

たまごサンドを集める! ところが……

たまごサンドを集めに街へ出る。なんだかピクニック気分だ。向かう先は山じゃなくて新宿だけど。

なんだか買い集めるのに楽しくなってパン屋をまわりはじめたのだが、「たまごサンド」はあまり売ってない事に気づいた。僕が欲しいのはたまごを細かくくだいたものにマヨネーズをまねたあのたまごサンドなのに、七面鳥やツナやポテトサラダと一緒に挟まっているサンドイッチが多い。
どうやら本格的なサンドイッチ屋にはあまりたまごサンドが売っていないようだ。本格的なイタリア料理屋にナポリタンが置いていないのと同じかもしれない。


そんなわけでコンビニ中心の布陣になってしまったが、ここにたまごサンド5種が集結しました。いざ、味比べ!

1. ローソン
「こくのあるたまごサラダ」



DATA
ローソン/たまごサンド 190円
カロリー:266KCal
脂質:16.1g
製造元:サンデリカ 千葉事業所(千葉県鎌ヶ谷市)

感想
たまごが細かく砕かれていて、若干物足りない気もするが、これぞ! という王道のたまごサンドだ。友達に「コンビニに行くけどなにかいる?」と聞かれ、たまごサンドを頼んだら買ってきてくれるような普通のたまごサンドだ(わかりにくいたとえ)。
あとあじがほぼマヨネーズの味しかしない、ややこってりだ。大豆、鶏肉、りんごが入っているらしいがまったく分からない。

いつもの度 ☆☆☆☆
あじつけ度 ☆☆
はらもち度 ☆☆☆

2. ファミリーマート
「ジューシーなたまごサラダ」



DATA
ファミリーマート/たまごサンド 190円
カロリー:280KCal
脂質:15.5g
製造元:戸田フーズ 戸田工場(埼玉県戸田市)

感想
ローソンのものよりやや小ぶりだが、その分具はたっぷり詰まっている。サンドイッチパン特有の過剰なしっとり感が消え、うまい。たまごがやや粗めに砕かれているので、色味があっていいです。あっさりしてますね。地味ながらヘビーローテーションになれる器です。

いつもの度 ☆☆☆
あじつけ度 ☆☆☆☆
はらもち度 ☆☆

3. サークルK
「こだわりのたまごサンド」



DATA
サークルK/こだわりのたまごサンド 190円
カロリー:323KCal
脂質:10.5g
製造元:ジャパンフレッシュ 富士工場(静岡県富士市)

感想
今回のたまごサンドの中で一番遠路はるばるから運ばれてきたたまごサンド(製造元は富士市)。「こだわりの」とつくだけあって水と空気のきれいな場所を製造地に選んだのか。前述の二つより本物志向だ。色味もきれいで、味は濃く、芳醇だ。具がやや中央に寄っていて、そのため分厚い。
最高カロリー、しかし脂質は少なめ。カロリーの計算方法がわからない。

いつもの度 ☆☆
あじつけ度 ☆☆☆☆
はらもち度 ☆☆☆

4.  メルヘン(新宿高島屋)
「デパ地下のたまごサンド」



DATA
メルヘン(新宿高島屋)/たまごサンド 242円
カロリー:表示なし
脂質:表示なし

感想
今回唯一デパ地下からエントリーした新宿高島屋のサンドイッチ屋「メルヘン」のたまごサンド。大塚さんのいちごサンドの回にも登場してますね。一番型くずれせずにパンをはがしきれいに撮影することができました。マヨネーズが他のサンドイッチに比べ少ないからだと思われます。
上品な味付けだがヤングには少し物足りないかも。友達のお母さんが作ってくれたような家庭的なサンドイッチ。

いつもの度
あじつけ度 ☆☆☆
はらもち度 ☆☆

5.  セブンイレブン
「たまごの風味を活かした自然な味わい」



DATA
セブンイレブン/たまごサンド 180円
カロリー:280KCal
脂質:18.4g
製造元:デリカフーズ 上尾工場(埼玉県上尾市)

感想
今回唯一キュウリを使用しているサンドイッチ。ただし商品名がたまごサンドなのであくまでキュウリは添え物としてとらえ、よしとしたい。なぜなら本来サンドイッチの起源はサンドイッチ伯爵がものぐさのため、おかずを全部パンに挟んで食した事が原点とされているから、「食材と食材が混ざるハーモニー」というところにサンドイッチの魅力があると思われるからだ。で、味のほうはというと、たまごとキュウリの相性がとてもよくて、相乗効果でよりうまくなっている。コリコリしていて日本人特有のたまごサンドと言えよう。

いつもの度 ☆☆☆☆
あじつけ度 ☆☆☆☆
はらもち度 ☆☆☆

(いつもの度が高いのは普段僕がセブンイレブンのたまごサンドを食しているからかもしれない)

たまごサンド、そろい踏み

ほとんど何を食べても違いなんてないと思っていたたまごサンドだが、上の写真を見ても分かるように、並べてみると見た目からして結構違いがはっきりしているぞ、たまごサンド。たまごサンドの違いがわかったって偏差値があがったりモテたりはしないと思うけど「サークルKよりセブンのほうがあっさりしてるよ」と誰かにアドバイスできる人になった。なんだか分からないけど、いい事した気分だ。


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation