デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ691

 
第一回語呂合わせ電話番号グランプリ
電話番号の語呂合わせ

時代は移り変わっても変わらないアナログな手法はまだまだ世の中にあふれている。
「電話番号の語呂合わせ」
電話番号を覚えやすくするために数字を語呂であわせる手法であるが、これもかなりアナログな手法だ。

しかし、思い起こせば学生の頃、鎌倉幕府の誕生を“いい国作ろう”(1192)と覚えていまだに忘れないように、語呂合わせとは今でも確かに有効な数字の記憶法なのだと思う。

そこで筆者の近所にあふれる「語呂合わせ電話番号」を適当にサンプリングし、ここで品評、グランプリを決定してみる事にします。カムヒア! 語呂合わせ! 4649!

梅田カズヒコ

電話番号語呂合わせの傾向と対策−1


6480(ムシバゼロ)
6480(ムシバゼロ)

6480(むしばなし)

 

局番+6480で歯医者につながる確率高し

近所(京王線沿線)をまわった結果、語呂合わせ電話番号にも傾向がある事がわかった。まずは病院・医院系は語呂合わせが好きだということ。中でも歯科はなぜか語呂合わせが大好きだ。そしてやたらと「6480」(ムシバゼロ)を使うという傾向を発見した。

もしもあなたの家の電話番号の下4桁が6480なら、近所の歯医者と番号を交換すると喜んでくれるかもしれません。
どんなものにも傾向があるんですね。これを発見した時は少し嬉しかったです。


中にはあえて6480を外したものも。

 

電話番号語呂合わせの傾向と対策−2

次は番号内に登場する0(ゼロ)に注目しつつ鑑賞していただきたい。


3020(サレジオ)
電車の車窓から。見にくくてすみません。
0092(オオクニ)と書いてあります。オオクニはこのお店の名前です。
こちらは整骨院です、3770(ミナナオル)
4160(よいローン)
5480(いしや)
3490(ミュージック)。全体的にちょっと苦しいか。

 

何を言わんとしてるかお分かりいただけただろうか?

0(ゼロ)の多様性というか、いいように扱われるゼロというか。

前半の0(→レ)、0(→オ)はよく分かるが、中盤の0(→オル)、0(→ン)はちょっと苦しい。そして最後の2つに関しては完全に0という数字が無視されてしまっている。

0はゼロだからないのと同じという解釈だろうか。

ニュアンスの話になってしまうが、おそらくゼロにはどこかオールマイティな感じ→何を当てはめてもいいのでは? といった風潮があるようだ。少しかわいそうな気もするが、今後とも0には語呂合わせ界の異端児として不可能を可能にしていってもらいたい。

 

いよいよグランプリ(俺の中で)決定!

さて、以上が語呂合わせの現在の傾向だ。ここからは純粋に品評しつつ、「第一回語呂合わせ電話番号グランプリ(俺の中で)」を実況「俺」、解説「俺」で決めていきたい。


エントリーナンバー1
154492(行こうよすぐに)。
エントリーナンバー2
1359(いざ合格)。

実況:まずはエントリーナンバー1と2、「154492」(行こうよすぐに)と1359(いざ合格)ですね。
解説:これはいわゆる勢い系ですね。
実況:と、言いますと。
解説:1に関しては最初の方と最後の方はともかく、途中はよく見ると語呂が合っていません。
実況:確かに、4→スあたりは勢いですね。
解説:ええ、かなりダーティな語呂です。2に関しては最後の方は漢字でごまかしてますね。
実況:9→格(かく)の“か”なんてどこにもないですね。
解説:しかしながら“いざ”などの感嘆詞や“行こうよ”などの促すような言葉を使う事によってやや無理のある語呂をカバーする高度なテクニックといえるでしょう。
実況:なるほど。

エントリーナンバー3
0983(おくやみ)。

解説:こちらは何屋さんですか?
実況:ええっと、葬儀屋みたいです。
解説:あ、これはコメントしづらいですね。しかし語呂合わせにした勇気は買いたいところです。
実況:いかなるときもユーモアは大事だって事ですね。では次へ。

エントリーナンバー4
011109(おーいいトーク)。

実況:こちらは英会話教室です。
解説:なるほど。Oh! (オー)から入るところがいいですね。「いい」も何とか工夫して英語にしてあったらグランプリだったかもしれません。
実況:なるほど、「イイ」が「E」だったらよかったんですかね?
解説:違います、ややこしくなるので余計な事言わないように。しかしながら英会話教室の楽しげな雰囲気が伝わってくるようでもあり、なかなかいい作品になっているのではないでしょうか。

エントリーナンバー5
0348(おすしや)。
エントリーナンバー6
0343(おさしみ)

実況:こちらは寿司屋対決ですね。
解説:どちらが粋な語呂か、ってとこですね。
実況:私はエントリーナンバー5の「3→す」があってないので0343(おさしみ)のほうがいいと思いますが。
解説:これはどう見たってエントリーナンバー5のおすしやの勝ちですね。
実況:なぜですか?
解説:5のほうがうまそうなフォントだからです。
実況:語呂と関係ないじゃないですか。どっちもうまそうですよ。では、次で最後です。
 
エントリーナンバー7
8849(歯並びよく)。
エントリーナンバー8
3701(ミンナナンバーワン)。

実況:さあ、いよいよ最後ですが。7は少し見づらいですが“ハ並びヨク”と書いてますね。
解説:「88」を歯並びと表現した7番と最後の二桁を離して「01」ナンバーワンと読ませた8番。なかなか両方とも高度なテクニックですね。
実況:これはどちらかがグランプリでしょう。
解説:88の歯並びのほうは本当に座布団一枚! なうまさがありますが、01ナンバーワンの方は何よりも何とかしてこれをナンバーワンと読ませたかったという意気込みが伝わってきますね。
実況:なるほど。ではグランプリのほうは?
解説:エントリーナンバー8の37-01(ミンナナンバーワン)でしょう、あんなとこにハイフン『−』いれるなんておかしいじゃないですか。そこまでしてナンバーワンと読ませたかったんでしょう。看板の語呂合わせはある意味ロックですから。『皆ナンバーワン』はロック魂があって最高です。
実況:なるほど、分かるような分からないような解説ありがとうございました。以上、「第一回語呂合わせ電話番号グランプリ(俺の中で)」実況・解説とも梅田カズヒコがお送りしました。以上です、webマスターの林さん(8843)


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation