デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ833
 
「きんし」って漢字で書けますか?
これが典型的な「禁」の間違いのようです。

カンタンカンタン、書ける書けると思っていればいる程、いざという時、間違ってしまうのが、漢字です。

よくある例としましては、町にある駐車禁止の看板ですが、「禁止」の「禁」の字が間違っているケースが非常に多いのです。

ここはひとつ、間違い事例を検証し、正しい漢字を書けるようにしたいと思います。

八二一

駐車禁止の文字、なかなか達筆であります。でも、よく見ると、「禁」が間違っています。
>>
拡大
禁止の「禁」の次が「止」だから、気持ちが次へ次へと行ってしまうのでしょう。

植木鉢に駐禁看板がブッ差してあります。なんて、おちゃめな看板でしょう。
>>
拡大
でも、「禁」の字が間違っています。「林」の下は、「止」じゃなくて、「示」なんですよ。

地面に直接書かれた駐車禁止。
>>
拡大
これも「示」が「止」に。そんなに、「止」、「止」と書かれたら、思わず車を止めてしまいますってば。

シャッター前につき、駐車禁止?って、よく見ると……
>>
拡大
これは、「止」じゃなくて、「土」になってます。もう、単体では何て読むのか見当もつきません。

ごみ置き場につき、駐車禁止。これは、下がちゃんと「示」になっています。
>>
拡大
でも、「林」が……、「林」が……!「求」でもなく、「永」でもなく……って、こんな字見たことないわあ!

シャッターの駐車禁止。
>>
拡大
「示」であることの暗示にかかりすぎたか、全部「示」に。それっぽくて、ありそうだけど、こんな字ありませんから。

皆さんそれぞれ達筆で、漢字も得意そうな雰囲気なんですが、こうも間違ってしまうとは、普段は書かないサイズだからかもしれません。

シャッターにペンキで書くのは、ペンで紙に書くのとは、ワケが違うのでしょう。スケールの違い、非日常が、あり得ない間違いを引き起こすのかもしれません。

看板を書く時は、くれぐれも注意したいものです。
ちなみに、この方、車庫の「庫」の字も間違っています。「車」のヨコ線が一本足りません。惜しいわぁ。


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation