デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ887
 
イカ墨で白髪を染める
イカです。足は10本です。

染めるのって、楽しいよね。

そういえば身近にとてもよく染めそうな物がある。しかもいつもは捨ててしまうものだ。

イカ墨。

あのイカをさばいた時、しくじって破いてしまった時の破壊力。せっかくの白いイカ刺しに染みる汚点。爪に入ってもなかなかとれない。

じゃあ、いっそそれを利用してやろうじゃないか。
黒く染めてメリットがあるもの……白髪だ!

佐倉 美穂

さてどうやろう

ある漫画のキャラが、テストでポンシャブ・ゴマシャブからラボアジェを連想したように、イカ墨から白髪染めのイメージがすんなり浮かんだ。

でもやり方が全然わからない。
検索してみると、「発展途上国のおばあちゃんがイカ墨で白髪を染めていてハエにたかられていた」という一文を拾い、やっぱりできるんだ、やるしかないんだ、と確信を持った。

そこで美容院を経営する友人に染色について質問してみたところ、

・染色液と髪をラップで抑える
・ラップに密着させるのがコツ
・イカ墨に粘性を持たせた方がいいかも
・加熱した方がいいかな
・ていうかマジでやるの?

ということだった。

たしかにイカ墨にはクリームのような粘性はない。
何かそういった素材の物と混ぜるのが良いだろう、ということで、選ばれたのは、水飴。
これならイカ墨と混ぜても変な反応起こさないだろうし、人体に悪影響もないだろうし。


ではとりかかろう

イカをさばいてイカ墨の袋を破かないように取り、その中身を皿にしごき出す。


利用法はパスタだけじゃないんだ!
オレにさわると痛い目みるぜ

皿にあけたイカ墨は生臭く、キョウレツな黒さを秘めていた。
墨が付いた指を洗った水は桶に溜まったが、その大量の水が墨色になっていた。

良さそうな粘りになるまで水飴を加え、混ぜたら、早速髪に塗ることにする。


水飴は主にアンズ飴と共に食す
まさかイカ墨と混ざることになるなんて……

しかし私には白髪がほとんどない。
ここで白髪モデルに登場を願った。

母である。

もう老人と呼ばれて数年経つ彼女は定期的に白髪染めをしているが、しばらくさぼっていたようで、生え際に白が目立つようになっていた。


ほら白い

美味しいイカも食べられ、その生え際も黒くできたら、私は孝行娘じゃないか。

というわけで、塗る。
コールタールでも塗ってるのか? という黒さと粘りだ。
コールタールを触ったことはないけれども。


ほら美容院っぽい
ラップも見事密着

塗ってはみたものの、どのくらい時間をおけばいいのかわからない。
夕食前に始めたので、母の忍耐が続く時間と寝る準備にとりかかるまでの時間を考えて、2時間おくことにする。
また、短時間ではあるが、ドライヤーを微風で当て、加熱した。


一部を除いたら日常風景

さて、そのまま普通に2時間過ごしてもらった。
食事をしたり、TVを見ながらリラックスしたり。


ラップが無ければ普通の食卓
ペットのスカンクに臭いを嗅ぎつかれる

そういえば調べた時に拾った一文には「ハエにたかられていた」というものがあった。実際はどうなのだろう、と、鼻が付きそうなほど近距離で嗅いでみたが、意外と臭くない。
さすがに嗅覚が敏感なスカンクは異常を察していたが。

母に「感想は?」と聞くと「ラップが耳でガサガサする」という返事。
うん、そうだよね。ラップ、うるさいよね。でも私はイカ墨についてのコメントが欲しかったんだ。

「あ、あと水飴が美味しかった。さっき舐めたら懐かしい味がした」
……わかった。今度もなかの皮でも買ってくる。挟んで食べようじゃないか。

臭いについて聞いてみたが、やはり気にならないそうだ。


気付いたらイカ墨が垂れてきている
拭いたらルパンのようなもみあげに。男前。

「老眼鏡がかけられないから新聞が読めない」と母がこぼす。
もうちょっと待ってくれ。あと少しの辛抱だから。

スカンクを全身黒くする、というのも興味深い。


いやよ

さて2時間経った。
ラップを下から剥がす。張り付いて固まって、貴重な髪が抜けそうだ。上から剥がせばよかった。
剥がしたあとの髪型は逆立ったまま。ステージ等で髪を逆立てたい時、砂糖水もいいけどイカ墨+水飴も良さそうだ。


痛いよ

お湯で髪をすすぐと、その水もやはり墨色になった。あんな少量のイカ墨で、よくぞここまで、という色だ。


きれいに流せたよ

 

結果発表

髪を乾かしてみると、微妙な結果になった。


before
after

生え際に白い部分が残っている。しかし下の方は黒くなっている。
母自身も黒くなったと言っている。
つまりムラになってしまったということか。
しかし染まったところもあるので、声を大にして言おう。

イカ墨で白髪染めはできるぞーーーーー!!

対照実験として、反対側の生え際ではラップを貼らずにやってみた。
それでもやはり効果はあった。ラップを貼った方と同じようにムラはあるが。

使用前

使用後

翌朝になってもその効果は続いていて、枕も汚れなかったという。
効果の持続期間などは保証できませんが、おそらく髪の傷みも少ないと思います。

もしかしたら私は染色の世界に一石を投じたのかもしれない。


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation