デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ898
 
旗つつみをためす

ボールを旗に包んで落とす。そんなことは可能か。

マンガ「プロゴルファー猿」で、主人公がもっともよく使う必殺技、それが旗つつみだ。

グリーン上の旗を狙い、ボールを旗につつませて、そのまま真下のカップに落とすというこの技、もし本当にできるならすごく便利な話に違いない。

というよりも、やってみたら意外とサクサクできちゃうんじゃないだろうか。

実際にためしてみました。

(text by 三土たつお

ゴルフ練習場にやってきた

さっそく近場のゴルフ練習場、いわゆる打ちっぱなしにやってきた。

とはいえ、ゴルフをやるのは実はこれが初めてで、ちゃんとボールを前に飛ばせるかどうかも怪しいところ。

今回の企画はいつにもまして行き当たりばったりです。


初めて入るゴルフ練習場。
とりあえず、狙うはグリーンのターゲットです。

ワイは猿や!

旗に当たりません

クラブの握り方も、スイングの仕方もよく分からないという状態ではあるけれど、とりあえず始めてみる。

初心者は空振りする、という印象とは違い、やってみると意外に当たる。2回に1回くらいではあるけど、ちゃんと狙った方向にも飛んでくれるのが嬉しい。

けっこういい感じだ。

ただし、旗は空間のなかの目標としてはあまりにも小さい。1時間ほど試して、何回か近くをかすらせることはできたものの、残念ながら旗に命中させることは結局一度もできなかった。

 


あっさり方針を転換します

当たり前のことだけど、初心者にそんな難しいコントロールができるわけがない。

ここは方針を変えて、ゴルフボールが旗にくるまれて真下に落ちるということが本当にあるのか、ということを主眼にして調べなおすことにしよう。

 

こういう状態でボールを投げこみます。
旗と扇風機をつかってためす

左の写真のように、室内で旗を風になびかせて、その近くからゴルフボールを投げ入れる、ということを繰り返してみた。

何回かやってみたところ、ボールは、旗に一瞬くるまれてその進路を変えることはあっても、完全につつまれて真下に落ちるということはないみたい。

たぶん、旗の布の重さにくらべて、ゴルフボールが重すぎるんだろうと思う。

 

1.右から赤いボールがやってくる。
2.「んぱっ」とボールを捕らえる。
3.そのままボールを持ちそうに見えて・・
4.「ぺっ」と吐き出してしまう。

 

旗に包ませて真下のバケツに落としたい。
なんとしても成功させたい

とりあえず、ゴルフボールで旗つつみをするのは無理そうだということはわかった。

だけど、なんとかして旗つつみを成功させたい。

というわけで、苦し紛れではあるけど、ゴルフ用品店で見つけた練習用のプラスチックのボールを使って、同じようなことをやってみた。

たんに旗に跳ね返されているだけのようにも見えるものの、飛んできたボールが旗に包まれて真下に落ちる、という形は一応実現できている(下の画像)。

今回はひとまずこんなところで精一杯です。

 


旗に包まれているとは言いがたいけど、一応成功ということにしよう(マウスオーバーで動きます)。

旗つつみはどうやら無理でした

というわけで、「旗つつみ」は次の2つの点で実用的ではないみたい。

  1. 旗に当たらない。
  2. 当たってもくるまれない。

そもそも、狙って旗に当てるだけのコントロールがあるなら、ふつうにカップを狙った方がよっぽど入るんじゃないか。最近はそんなことを考えています。

 

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation