デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ909
 
ギプスをおしゃれに履きこなす
全くもって無機質な本来のギプス。

先日、足を骨折して以来、ずっとギプスのお世話になってます。

とはいえこのギプス、軽くてとっても便利な反面、無機質であまりおしゃれ感がありません。

そこで今回、身のまわりにあるものでギプスを可愛くデコレート。よそ行きにも対応できるよう色々とアレンジしてみました。

チャレンジ!ギプス着まわし一週間!

(text by 岸川 祥子

何とも不気味なたたずまいを見せる五本指靴下。

月曜日は指先靴下であったかおしゃれ

まずは見るからに寒々しいつま先を隠すことからスタート。靴下屋さんに行ったところ、いろんな指先靴下が売っていたので「これは!」と思い、早速購入。

ウキウキしながら、ギブスと同系色の五本指靴下(つま先のみ)を合わせてみたところ…

こ、怖い!!!

以前よりさらに無機質な感じになってしまいました。な、なぜ…!?


一見可愛いパンダギプス。しかしよく見ると…(マウスオーバーで画像が見られます)

火曜日はパンダシールで愛らしく

昨日のギプスが思いがけず怖い感じになってしまったので、今日は愛らしさを全面に押し出そうとパンダのシールを導入。

一見、子供が喜びそうな可愛いパンダギプスが完成…と、思いきやパンダをアップでよく見てみると(マウスオーバーで画像が見られます)

パンダの目がうつろ!

シールのセレクトを若干間違えたようです…。


ある意味間違ってはない“FRAGILE”ギプス。

水曜日は梱包用テープで一工夫

翌日、シールを変えて再びチャレンジ。今度ははカラフルな梱包用テープを使ってみることに。ポップな仕上がりでこれはなかなか。

ところが携帯で写真を撮って知り合いに見せたところ、「骨折の足にFRAGILEって!」という返事が。

そう。テープにプリントされている「FRAGILE」は「壊れ物」の意味。つまり知らず知らずのうちに「私の足は壊れ物です」といって歩いていたのです。何のアメリカンジョークでしょうか…。


歩くたびに目がキョロキョロと動く目玉ギプス。

木曜日は動くギプスで軽やかに

翌日、再びシールを変えてチャレンジ。今度は人形やぬいぐるみにつける目玉。

試しに足の甲につけてみると…あれ、意外に可愛い!さらに五本指靴下(黒)を履かせてその上に目玉を貼りつけてみたところ、足先に謎の生き物が出現

足元の生き物と目が合うたび、ど根性ガエルのピョン吉に憧れていた日々を思い出し、ちょっとキュンとなりました。


見た目はきれいでもギプスの中は大変なことに。

金曜日はお花でさりげないおしゃれ

さて、ここまでは普段着のおしゃれ。ここからは週末なのでもっとよそ行き感を出してみます。

手始めにやってみたのが、コサージュを意識した花の一輪挿し。

ギプスは花器の代わりにもなるのか…と感心しながら歩き始めたところ、茎がチクチクしたため、即却下。おまけに取れた葉っぱがギプスの中に入り込み、取るのに1時間かかりました。おしゃれって大変ですね。


完全に高級感を履き違えたツタギプス。

土曜日は思いっきりゴージャスに

昨日の花ギプスに続き、今日もまた植物を使ったアレンジ。題して「ツタのからまるギプス」。

アニメ「ベルサイユのばら」の歌の映像(オスカルの全身にツタがからまる)をイメージしたんですが、残念ながら完全に植物に寄生されてます

とはいえ「足に何か巻くと派手に見える」ということだけはよくわかったので、翌日別のアレンジに生かしてみることにしました。


恐らく今回一番の失敗作・毛皮ギプス。

日曜日は冬の定番・ファーを使って

さて、日曜日は休日のお出かけにふさわしく、よそ行きな感じを出そうとファーをセレクト。しかしそこに現われたのは…

クマを狩りに行く山男の足!

アレンジどころかもはやギプスの原型を全くとどめていません。利点といえば温かいことだけ。

どうやらギプスはシンプルなのが一番みたいです。


ちなみにこんなのも作ってみました。

リボンとファーで作ったガーリーなアレンジ。 お花紙で作ったファンシーなアレンジ。 手ぬぐいで作った和柄アレンジ。唐草模様が失敗の原因。
羽根をペタペタと貼りつけたギプス。紅白歌合戦をイメージ。 パーティーの時のキラキラもギプスに巻くとこんな感じに。 赤い靴下を履くだけでクリスマスブーツに。

まとめ

シンプルな分、アレンジのしがいがあると思われた真っ白なギプス。しかし残念ながら「これ!」というアレンジにはたどり着くことが出来ませんでした。

なお、今回学んだ教訓としては…

○ボリュームを出しすぎない。
○中に物を入れない。
○柔らかいフォルムのものよりはシャープなものの方があいやすい。

なかなか奥深いギプスのおしゃれ。
足が治るまでの間、もう少し研究を重ねてみようと思います。

ツリーの電球で飾ったクリスマス専用ギプス。

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation