デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ935
 
衝撃の姿・ウミヘビの仲間の子供
魚の子供を見るコーナー

ウミヘビの仲間の子供。
まるで「誰々の親戚の知り合い」みたいな回りくどい言い方だが、ウミヘビの仲間の子供、見たことあるだろうか?

私は先日、初めてその実物を見たのだが
これがけっこう、衝撃的な姿をしていた。

T・斎藤

葉っぱみたいなやつ

先日、「ながさき水産科学フェア」というのを見に行ってきた。その中に、各種の魚の子供を見てみようというコーナーがあり、シャーレーに白い葉っぱのようなものが浮かんでいた。


一見、葉っぱのようだが…

マイ・イメージ


これがウミヘビの仲間の子供だという。

左の図ようなやつが、私の頭にあるウミヘビのイメージだった。子供もその小型版のようなやつを想像していたのだが…。

こんな葉っぱのような薄くてヒラヒラしたやつがウミヘビになるなんて言われてもイマイチ納得できない。

が、よく見てみると…。


よく見ると、顔

よく見ると、先のほうにちゃんとウミヘビの顔っぽいものが付いている。ひょえー、不気味。

生物の世界って、不思議だらけだ。


いろんな小さいやつら

いろんな魚の子供を見てみようコーナーには、他にも様々な小さいやつらがいた。が、私の度肝を抜いた度合いはウミヘビの仲間の子供がナンバーワンだった。

その他の展示物

「ながさき水産科学フェア」とは、わかりやすく言えば研究施設の一般公開のことである。長崎にある国や県、大学の水産研究所が毎年合同で開いている。今年で3回目。

会場には他にも、
・深海の水圧で押し潰されたカップラーメンの容器
・サンゴの死骸のご自由にお取りくださいコーナー
・巨大な水槽に入ってる魚の種類を当てるクイズ
など、様々なコーナーがあった。


大盛りと小盛りの比較ではない。
ご自由にお取りください。けっこう嬉しい。

ハモ

珍しい魚も展示されていた。
いや、ハモは別に珍しくないが、こうやって水槽に入れて展示されてる姿は新鮮に映った。


ケバケバしいウニ

こちらはケバケバしいウニ。
かなりインパクトのあるルックスだ。

よく見ると、別の魚の上に乗っかっている。


魚に乗っかるウニ

気になる

他人事ながら、気になる。
痛くないんだろうか?

ウニはじっとしているようで、実はトゲをジワジワ動かしてちょっとずつ移動している。見ていると、だんだん魚への乗っかり度が高まっていった。


うお〜

表情一つ変えない。さすが魚だ。

が、乗られている魚は微動だにしない。

さすが魚だ。

「ながさき水産科学フェア」の日に一般公開された研究施設は以下です。

・独立行政法人水産総合研究センター 西海区水産研究所
http://www.snf.affrc.go.jp/

・長崎県総合水産試験場
http://www.marinelabo.nagasaki.nagasaki.jp/

・長崎大学水産学部付属海洋資源教育研究センター
http://www.fish.nagasaki-u.ac.jp/FISH/fuzoku/suijitu/suijitu.htm

調査船の中も見学。
上の写真は羅針盤。
 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation