デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ938
 
オルゴン不足の現代人

簡易版オルゴンボックス

現代人は多くの悩みを抱えている。やる気が無い、朝寝坊する、パソコンがフリーズしやすい、クリスマスの予定が無い。それらは全て、オルゴンエネルギーが不足しているからである!

というようなことを、ウィルヘルム=ライヒという人が言っていたそうだ。

そこで調べたところ、体内で不足したオルゴンエネルギーは、とても単純な構造をしたオルゴンボックスという箱型の装置で集めて、再び充填することができるらしい。

何とも怪しい感じだが、やってみることにした。最近どうも調子がよくないので、うまくいけば儲けものである。

(text by 藤原 浩一

ライヒとオルゴンエネルギー

オーストリアの精神分析学者ウィルヘルム=ライヒはフロイトの弟子だった。そしてフロイトのリビドーという概念に影響を受け、それをさらに発展させたオルゴン(オルガズムの)エネルギーというものを考えつくに至った。

オルゴンエネルギーとは、自然界に充満している、人間の性に関係がある宇宙エネルギーのことで、体内のオルゴンが減少すると、人間は病気になってしまうのだ。

こんな説明を書いている僕は変な汗がだらだら出てきていますが、ライヒは至って真面目に研究していたそうです。

そうだ、すべてはオルゴンエネルギーの不足による問題だったのだ!

 

オルゴンボックス製作

じゃ早速オルゴンエネルギーを充填せねばと、オルゴンボックスを作るため川原にやってきた。何故ならライヒによると、オルゴンエネルギーは水に引き寄せられるらしいのだ。マイナスイオンみたい。


川原は今日もすごくいい天気です。

オルゴンボックスの構造は至って単純だ。有機物と無機物がそれぞれオルゴンエネルギーを吸収する役割と反射する役割を果たす。なので、その2つの材料をウエハース状に重ねたような箱を作ればいいのである。そして完成した箱の中に、オルゴンエネルギーが不足した人が入ればよい、らしい。

今回は簡易版オルゴンボックスということで、「ダンボール箱→アルミホイル→新聞紙→アルミホイル」というように重ねていく方法で作ってみることにした。


ダンボールを下地にして、

アルミホイル、

新聞紙、と重ねていきます。

 

関東に雪が降るくらいの寒空の下、作業をしていて、思った。果たしてこのオルゴンボックスの効果はあるのか? それを検証するためには、僕の体からオルゴンエネルギーをとことん抜いておかないといけないだろう。

オルゴンエネルギーが失われるのは愛するものと別れたときだそうだ。

と、いうことで、およそ1年前、文化祭で知り合って好きになった女子のことを考えてみる。


思い出す・・・思い出す・・・

記憶の底から「私は面倒くさい女だから、あなたから好かれるに値しない。というか、最近私は好きな人に告白して振られたばっかりなわけ。彼、すごくいい人なの。察して。」というような話(たぶん)を3時間に亘って聞き続けた件について思い出す。

……。

いや、もういいわ…。オルゴンとかどうでもいいわ・・・。

もうすぐクリスマスだし、今頃その女子だって彼氏ができて、オルゴンエネルギー交換の儀式とかやってんだろ。

それに比べて、何をやってるんだ俺は…。

あっはっは…そうだ調子が悪いのは12月だからだ…。

−−−

以上のようにオルゴンエネルギーを体から抜いたのであります。なるほど、確かにこの状態が続くと病気になりかねませんな。

一刻も早くオルゴンエネルギーを体内に充填しなければなりません。急ぎます。風が強くて寒いし。


アルミホイルもこの様子

 

ただでさえ寒い12月の空気の中、川原の風は冷たく突き刺さる。というかリアルに寒くなってきた。これ以上こんなことやってたら風邪ひく。

完成!

 

かじかむ手を何とか動かし、オルゴンボックスが完成した。早速中に入ってみたいと思う。

ちょっと入りますよ。

入りましたよ。

 

感想:あったかい。

確かに癒されている気がする、というかさっきまでびゅうびゅう体に吹いていた風が、さえぎられているのがうれしい。ダンボールの表面に張られたアルミホイルが、風に吹かれてビリビリいっているのが、僕を祝福しているようにさえ感じられる。これがオルゴンエネルギー?

実際オルゴンエネルギーが体に充填されたのか、そういった感覚は全然ない。そもそも、こんないい加減な造りのオルゴンボックス、本当に効果があるのだろうか。オルゴンエネルギーが性に関するエネルギーならば、箱じゃなくて恋人を作れという気もする。

しかし、川原でダンボールハウスオルゴンボックスの中に篭っていると、なんだか「失うものはないんだから、がんばろうぜ」という気持ちになったりならなかったりもする。

少なくとも100%言えるのは、オルゴンボックスは川原の冷たい風を防ぐことができます、ということだ。そんなことが言えてもどーするんだという感じですが。


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation