デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ1001
 
なかなか溶けないアメ決定戦
口に入れた時、どのアメが一番口の中で長持ちするかを調べます。

風邪で喉がやられやすいこの季節、何かと口にする機会の多い「アメ」。

口の中であっという間に溶けてしまうものや、逆にいつまでも残り続けるものなど、アメは種類によって「溶けやすさ」にかなりの違いが。

そこで今回改めてどのアメが一番口持ちがいいのか調べてみることにしました。対象としたのは右の7品。

さて、一番溶けにくいアメはどれだったのか?また一粒なめるのにどれくらいかかったのか?

(text by 岸川 祥子

この日の口内温度は35.4度。

まずは体温測定から

アメをなめる前にまずは口の中の温度を計ってみることに。

この日の口内温度は35.4度。低い!まさにアメなめにとって最悪のコンディション。これはかなり時間がかかりそうです。

それにしても何でこんなに低いのか…。まさか緊張? 


時間つぶし第1弾・NintendoDS「おいでよどうぶつの森」

アメなめに立ちはだかる壁

低体温という悪条件の中、スタートした今回のアメなめ。いざスタートしてみると、さらに思いがけない障害が。

…退屈。じっとなめてる間、とにかく退屈なのです。1個あたり2、3分でなめ終わると思っていたのですが、全然なめ終わりません!

とりあえずいろいろと他のことをして時間をつぶしながらなめてみることにしました。


時間つぶし第2弾・目を良くするため遠くを見てみる
時間つぶし第3弾・ダイエット用のスープを作る
時間つぶし第4弾・お湯と口とどっちが早く溶けるか競争してみる
時間つぶし第5弾・カーテンの裏に隠れてアメをなめてみる 時間つぶし第6弾・狭いところに入ってアメをなめてみる 時間つぶし第7弾・狭いところに入ってアメをなめてみる・その2

ストップウォッチを止め忘れると、また最初からなめ直し。

アメなめには集中力が必要

…と、こんな「ながらなめ」をしていたら、ストップウォッチを止め忘れ、最初から何度もなめなおすハメに。おかげで口の中がガビガビになりました。

ちなみに熱湯(98℃)に入れたアメは口の3倍早く溶けました。温度が口の中の約3倍だから?そんな単純でいいんでしょうか?

それでは肝心の結果のほどを。

 

第7位

 

7位 いちごみるく (5分51秒)

今回一番早く溶けたのが、このいちごみるく。中にミルクの粉のようなものが入ってるんですが、これがとってもおいしくて、子供の頃「これだけ固めて売って欲しい」と本気で思ってました。

ちなみに粉が入ってる分、アメはとっても割れやすく、かまないようにしていたにも関わらず2分でたちまち粉々に。結局6分足らずでなめ終わりました。口溶け感抜群のアメ。

 

第6位

 

6位 ボンタンアメ (6分10秒)

続いて早く溶けたのが、このボンタンアメ。オブラートを知らなかった頃、ビニールと間違えてよくオブラートをむいて食べてました。

通常、最後までなめきる前にかんで飲み込んでしまうものなので、なめきるのにどれくらいかかるか予想がつかなかったんですが、結果は6分10秒。思ったより長持ちです。 

 

第5位

 

5位 チェルシー (9分13秒)

さて、ここにきてぐっとタイムがのびます。5位は花柄のパッケージでおなじみチェルシー。

かんでもなかなか割れないので、もしかしたら1位?なんて思ってたんですが、結果はまさかの5位。

堅さと溶けやすさはあまり関係ないんでしょうか?ひょっとすると中にバターが入ってるのが原因かも。

 

 

第4位

 

4位 ミルキー (10分8秒)

ここからはまたもや僅差に。4位はママの味・ミルキー。

口に入れてすぐに柔らかくなったので、あっという間に決着がつくだろうと思っていたら、最後のひとかけがなかなか消えず、4位にランクイン。

正直、これかいちごみるくが7位だと思っていたので、ちょっと意外でした。

 

 

第3位

 

3位 純露 (10分33秒)

さてここからはいよいよベスト3の発表。3位は純露。

これ、「じゅんつゆ」って読むんですね。カンロあめとごちゃごちゃになって、ずっと「じゅんろ」だと思ってました。

ちなみにプレーンも紅茶味も溶け具合にはほとんど差がありませんでした。

 

第2位

 

2位 サクマドロップ (15分29秒)

第2位は映画「火垂るの墓」でもおなじみサクマドロップ。親指の頭くらいの小さなアメなのに、なんと全部なくなるまでに15分以上かかりました。

なめ終わった後、「火垂るの墓の節子は1粒なめるごとに15分以上幸せでいられたのか…」と、嬉しいような切ないような気持ちに。

それでは注目の第1位は…!

 

第1位

1位 ホールズ (22分31秒)

2位に7分以上もの差をつけて優勝したのは、ホールズ。のど飴系は長いだろうと思っていたものの、ここまで長いとは…。

このアメ、よくなめてる途中に電話がかかってきて口から出したり、なめたまま寝ちゃったり、なめすぎて口の中がガサガサになったりするんですが、タイムを見て納得。物凄い口持ちぶりです。

 

まとめ

他にももっと口持ちするアメがあるかもしれませんが、とりあえず今回の7つのアメの中で、一番溶けにくかったのは「ホールズ」でした。やっぱり単純にのど飴系は長く持つみたいです。

それにしても今まで「5分後にまた電話します」なんて時に平気でアメを口に入れてたんですが、5分じゃ全然なめきらないですね…。今回の結果を参考にこれから色々と調節してみたいと思います。


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation