デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

コネタ


コネタ1056
 
ネギは主役になれるのか
まっしろ

食卓の脇役、ネギ。
用途は広いが、いかんせん「主役を引き立たせるための薬味」として使われることが多く、立場的にはあくまで脇役の域を出ない。

聞くところによると関西では「ネギ=青ネギ」らしく、ねぎ焼きという主役料理が存在する。
まったくもって羨ましいことだ。

しかし、いくら羨んでみても行きつけのスーパーでは「白ネギ」しか売ってない。そんなネギを、なんとか主役の座に上げてみようと思う。

高瀬 克子

白い部分をブツブツと切って
中身をニュウと押し出します

詰めます

ネギ嫌いの人は生きづらい世の中だろうな…、と思わず同情してしまうほど、ネギはあちこちに姿を現わす。中華料理なんて、ほぼ全滅なんじゃないですか。大丈夫ですか。

…と、心配しておいてなんだが、ネギが好きだ。好物の欄に「ネギ」と書きたいほどだが、いかんせんネギには、それだけの自信も甲斐性もないように思う。

「私は縁の下の力持ち的な立場で十分です。そんな、好物に挙げられるなんて身の程知らずもいいとこです。滅相もない」

と困惑するネギを無視して、今回はネギが前面に躍り出るような工夫を施してみようと思う。ネギ鍋(具がネギオンリー)なんかで主役だと思っちゃいけない。君たちはもっと堂々とするべきなんだ。

というわけで、いつもは中に隠れがちな彼らを表に出すことにした。過去にチクワマカロニと物を詰め続けてきたが、今回はネギです。はい、詰めますよ。


林立する空洞のネギたち。ムーミンに出てくるニョロニョロのよう
水に浸けて辛さをやわらげ中。準備万端。

 

まずはラーメン

油っぽいラーメンのスープがおいしく感じられるのは、ネギのみじん切りが浮かんでいてこそ、だと思う。

今回は麺もプラスして、あのサッパリ感を再現してみよう。


今回に限って、具は要らん
ってなわけでグイグイ詰めます
今回に限って、具は要らん
ってなわけでグイグイ詰めます

 

さらにはチャーシュー

最近流行りの「うちはラーメンしか出さないよ。ビールなんてもってのほか!」的な厳しいラーメン屋じゃなく、ちょっと一杯飲めるラーメン屋が好きだ。

そんな店での定番おつまみと言えば、ネギチャーシュー。いつもはチャーシューの陰になっているネギだが、今回は違うぞ。


確かにキミは主役の風格をしているが
今は、あくまで具に徹してくれたまへ

 

忘れてならじ、納豆

プレーンの納豆も捨てがたいが、何か薬味を入れるとしたらやっぱりネギしか考えられない。納豆との相性の良さは万人が認めるところだ。

いつもはみじん切りで控えめに参加しているせいか、ネギが少しだけ緊張しているように感じるのは気のせいだろうか。


「ネギを迎えることが出来て、
光栄です」と言ったとか言わないとか

 

味噌汁もエントリー

和食におけるネギといえば、納豆以上に登場回数が多いのは味噌汁ではないだろうか。

ここはグッとオーソドックスに、豆腐を実にしてみた。

ネギよ。味噌汁を上から眺める日が来ようとは思っていなかっただろう。
しかも味噌汁を内包するなんて、考えたことがあるか?

 

おまたせしました

いつもは、細く小さく刻まれてばかりいるネギが、ついに新たな地平に立った。その勇姿をご覧いただこう。

誰がなんと言おうと、主役・ネギ

なんたって、手がまったく汚れないのがいい。見た目も、白くてスベスベしていて大変に可愛らしい。このまま鑑賞し続けたいくらいだ。

それぞれを手に取り、パクリとひとくち。ネギを水に浸けたせいかパリッとしていて、サクッと簡単に噛み切れる。辛みも感じない。

withラーメン。うまい! マーベラス!スープを濃くしたのが正解だった
こちらはチャーシュー。素晴らしい。合わないワケがない
これ、手の汚れない納豆の新たな食べ方じゃないか? 10本くらい連続で食べたい
どこまでも続くアッサリの道。ツユだく状態の豆腐からボタボタ汁が垂れる。失敗

次はいつ詰めようか

ネギは見事に期待に応えてくれた。私の「詰め欲」も満たされ、非常に満足だ。

これからは、あちこちで脇役として活躍しているネギを見るたびに「お前が主役を張れる野菜なことは知ってるが、詰めようと思うと面倒くさいんだよな」と思うことだろう。

そう、やっぱり詰めるのは面倒だ。そしてその分、おいしい。

欲をかくと裂けるし

 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation