デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


特集 3月のテーマ:涙



フェティッシュの月曜日
誕生日特典ツアー

3月6日は僕の誕生日だった。

30過ぎたらうれしくないとか、四捨五入したら何歳だとか、いままでそんな斜に構えたことを言っていた。でも、さいきん思うのは、嬉しいことを素直に嬉しいといえるようになりたい、ということ。
嬉しいときには喜び、悲しいときは涙を流す。
そんな感情を取り戻したい。

いろんな場所に行って僕の誕生日を祝ってもらおう。今日は僕が主役だ。素直に喜ぶスキルを身につけるのだ。

誕生日特典ツアー、はじまります。
(text by 林雄司

証拠の保険証(免許もパスポートも持ってない)
   

僕を祝福するような曇天

保険証を誇らしげに見せる

祝福のケーキ。アイスティは自腹。

東京タワー

誕生日特典
・大展望台まで無料
・オリジナルバースデーカード
・カフェでケーキプレゼント

誕生日に高いところにのぼるというのも象徴的だ。なにを象徴しているのかよくわからないが、派手でわかりやすい。

タワー1階の受付で保険証を見せる

「僕、誕生日なんですが…」
「おめでとうございます。」

きれいな女性(東京タワーで働いている人はきれいな人が多い。なぜだ?)に祝福されていい気分。
いろいろ券をもらって説明を受ける。
説明の中でもういちど「おめでとうございます。」といわれる。これで2回。きょうはきっとなんども言われるんだろう。誕生日のありがたさを実感する。

ガラガラのエレベーターに乗って大展望台へ。僕の誕生日ではあるが平日の午前中、すいている。

カフェでケーキの券を見せる。
「おめでとうございます」
また言われた。
東京中が僕を祝っている気分。独裁者の誕生日のようだ。チョコレートケーキをいただく。

高いところでケーキを食べる。

いきなり派手な誕生日ツアーの始まりだ。そして早くも僕はいい気分だ。



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation