デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


はっけんの水曜日
鶴見リトル沖縄さんぽ
沖縄系自動販売機。

沖縄に行きたい……。
時々そう思う。
私は二度ほど沖縄に行ったことがあるのだが、二度とも感激して帰ってきた。それからというもの、沖縄サイト(インターネットウルマ美ら島物語RIK)をながめては、ため息をついている。ああオキナワ……。
そんなとき、
「横浜市鶴見区に、リトル沖縄があるよ」
という話をきいた。
な、なんだそれは! 鶴見といえばJR山手線の品川から20分ほどの町。そんなところに沖縄が?
さっそく私は散歩にでかけた。
(text by 大塚幸代


鶴見駅。

歩いていくと、それっぽい名前の店が。

鶴見到着

「道路が広いなあ……」
鶴見駅で降りて、まずその風景の横長さに、驚いた。空気がゆっくりしていた。
都内からちょっと出るだけで、町の雰囲気は変わる。
ここは横浜なんだなあ、と思いながら歩く。
沖縄ストリートのあるという潮田銀座商店街、仲通商店街周辺は、駅からわりと遠い。しかし天気がよかったので、15分ほどの道は楽勝だった。

鶴見区には沖縄出身者や2世3世が多く住んでいる。
戦前にハワイ・南洋諸島へ移民した沖縄の人たちが、 戦後引き揚げたとき、ここに身を寄せたのが最初だという。
沖縄の人がたくさん住んでいるので、沖縄食材や沖縄料理の店が集まっているのだ。

最初、沖縄人街ときいたときは、「中華街」のように「沖縄・那覇の国際通りみたいな場所が、でーんとあるのかな?」と想像していた。しかし実際は違った。

沖縄ストリートに近付くにつれ、だんだんと「沖縄そば」のノボリがある飲食店が増えていく。
つまり1ケ所にみっちり集中していなくて、点在しているのだ。

まずは鶴見沖縄県人会のある「おきつる会館」周辺を目指す。

  つぎへ >

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation