デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


フェティッシュの月曜日
萌え萌え業務用

どーん。合羽橋入り口の看板。

「これ買おうかなあ」 住メンバー しっかり!

あ、これも要るなあ(要らない)。

5000円かあ。買おうかな(えー!)。

買った食品サンプル
ウインナー・ねぎ間:林
トロ、ガリ、ビール、バラン、板:住
シューマイ:高瀬
ぎゅうひ:大塚
(ぎゅうひは本物。大塚メンバーが箱買い。バランは住メンバーが1000枚購入。)

住メンバー、いきなりピンチ

合羽橋。飲食店の業務用機器が揃う街だ。

店頭にさまざまな飲食店用の機器が並んでいる。住メンバーがいきなり反応した。
「これ事務所にあってもいいかなあ」
おしぼりをあたためる機械だ。こんなのが置いてあるデザイン事務所なんて見たことない。
「ほら、お客さんが来たときにもまずおしぼり出せばいいし、ねえ」
ねえ、ってもう完全にノックアウトされている。しっかりしろ!雪山で励ましあう登山隊のような気持ちでメンバーを店から引き剥がす。

しかし住メンバーの物欲はとまらない。

たこ焼き機の前でとまり、すしを乗せる板を購入し、ついには おかもち(ラーメンの出前の人が持ってる道具)を買おうかどうしようか迷っていた。

「これにプレゼンの道具一式を入れて持ってくんですよ。プロジェクターとマックとか入れて。ここにスープ引っ掛けるんですよ」

なぜ おかもち でプレゼンなのか。なぜスープをもっていくのか。すべての「なぜ」が無に帰してゆく。しかもおかもちは限定30個。限定という語に前後不覚になっている。

住メンバーは帰るときまでおかもちを買わなかったことを後悔していた。

かく言う僕もグレープフルーツとレモンの絞り機を購入。家で生グレープフルーツサワーができる。ひとつ1300円だったが、一生ものだったと思えばいい(自分をごまかしている)。

 

サンプルの店で

やっとサンプルの店に到着。

魅力的なサンプルが並ぶ。サンプルは精緻にできているだけあってそんなに安くない。すしがひとつ1000円ぐらいする。そのなか、すしサンプルが6個入ったパックが4000円で売っていた。お得だ。

安い、買わなきゃ、と騒いでいると住メンバーに声をかけられた。
「買わなきゃいけないことないですから」
は!そうだった。ついトランス状態に入っていた。と僕を正気に戻してくれた住メンバーだが、気づくと、トロ、ガリ、ビールのサンプルを購入していた。

溺れる僕を助けてくれた仲間が川に流されてゆく。

食品サンプルの店にこれ以上いると危険なので、業務用食材の店に移動することにします。

 



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation