デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


フェティッシュの月曜日
 
進化と文房具

離れないはりがね

手品もある

歩いていたらいきなり手品を見せられた。らせん状になった2本の針金がくっついている。引っぱっているのに2本の針金ははなれない。

手品以上に文具展の会場で手品を実演していること自体が不思議だ。

名刺と交換に針金をもらった。展示会では名刺を渡すといろんなものをくれるが、針金をもらったのははじめてだ。

アニメーションGIFで手品を見る。
ブロードバンド用アニメGIF(1.2MB)
ナローバンド用アニメGIF(364KB)


うおおおお。と思う缶詰。

のりを買ってお菓子が当たる

トンボでは「お菓子の缶詰」をプレゼント中。

「消えいろピット」というのりについているシールで応募できる。と言葉で書くと、ピンとこないが、実物の缶を目の前にするとぐらついた。

文房具といえばおまけだが、大人向けだとおまけも豪華だぜ。

おとなも匂いを嗅ぐのだ。

大人用の匂い文房具

文房具といえばにおいがする消しゴムだが、それの大人用ともいえるものを発見。

ヒノキとスギの匂いだ。

しぶい。エルゴノミクス ボールペン&シャープ。請求書とかお詫びレター書いていて、ときどき、くんくんと嗅ぐ。大人になっても変わらない行動。

匂いと筆記具ってフェティッシュという項目で共通してます。



文房具の新製品が出るとかわずにはいられない。デニーズの新メニューみたいなものだ。

バブル景気のころは、本来の使いみちからは外れた方向に進化した商品がたくさんあった。テレビのついたラジカセだとか、注ぎ口がピヨピヨなるビールとか。景気が悪くなって昔に戻ろうとか後ろ向きなことを言う人が多い昨今、文房具は無駄な(いい意味で!)方向に進化している。

それをパカパカ買うことで景気がよくなるのでは!なんて「トレンドたまご」みたいなことを考えました。

景気回復を願って無駄づかいしますよ(いいわけ)。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation