デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


ちしきの金曜日
とれたて!アムステルダム市

市場が好きだ。

スーパーマーケットやデパートとは全く違う。
面白い人が珍しいモノを売っていたり、意外な掘り出しモノが発見できたり。それになんと言ってもあの雰囲気。市場にはなんというか、すごい勢いがある。ただ歩いているだけで何だかテンションが上がってきちゃったりする。ああ、市場最高。

でもまだオランダの市場には行ったことがない。

という事で、1日中写真撮りまくりで歩いてきた。

(text by 松岡 郁


市場。って言うかただの道。何にもない。

次々と運ばれてくる店舗セット。ホント手早い。

本当に大丈夫か、この板で。

見かけによらず結構馬力がある。そしてスピードも速い。

アルバートカイプ通りの市場へ

市場に到着!

・・・と思ったらやってない。というか、ない。

もしかして場所を間違えちゃったんだろうか?
通りの名前を確認してみる。
やっぱりココだ。

だがどっからどう見てもただの道。市場のかけらもない。
ああ、なんでないんだろう。というか、どうしよう。

不安になりながらそこらへんをしばらくウロウロ。

すると、ぞくぞくと人が集まってきた。小さな車(?)も集まってきた。後ろにはスチールパイプやら板やらを引っぱってきた。まわりの人々はそのスチールパイプを車から降ろすと、手早く組みはじめた。テントだ。どうやら市場の朝は店舗作りからはじまるらしい。

私も何度かテントを立てたことがある。いちばん最近では高校の運動会だか文化祭だかそんな時で。1つのテントを立てるのに、何人もで支え、掛け声とかかけながら持ち上げちゃったりして。結構重くて面倒な作業で、出来ればやりたくなかった。

そんな私の苦手作業を、軽々とこなしている人たちが目の前にいる。みるみる立ち並ぶテント。確かに、このテントはかなり作りが簡単で、陳列棚だって、ただ長い板をテントの足部分に渡しただけのもの。でもだからといってこんなテンポ良く立てていくなんて素人にはできない。すごい。とにかく手早い。

店の目の前に………

ふとあることに気がついた。
みんな店の前に店を立てている。
ちゃんとした建物の店の前に、テントの店を並べているのだ。いくらあいだに歩道があるとはいえ、これじゃ建物の店が全然目立たない。これって営業妨害にはならないんだろうか。

そんな私の心配をよそに、もう道はほとんどテントで埋まってしまった。そしてまたしても小さな車が現れた。しかも今度は木製で、同じく木製のトレーラーを引っぱってきた。どうやら商品はこの中らしい。

商品が並べられれば、いよいよ開店だ。


▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation