デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


ひらめきの月曜日
河原でバウムクーヘン作り
バウム?

ああ、なんか変な形状のお菓子!バウムクーヘンが、好きだ、好きだ、大好きだ。

調べてみたら、バウムクーヘンってキャンプやなんかで作るお菓子という意外な一面があるらしい。

ならば、ということで作ってみました、バウムクーヘン。わざわざ外で!

(text by 古賀及子


ビニール傘
なぜこの形状

ビニール傘
ライバル視

竹
竹のある家

バウムクーヘンの真実

なんであんな形なんだろうとは前々から思っていた。真ん中に穴があいてるのも、薄い層が重なってるのもよくわからない。
そもそもどうやって作るんだろう?

ネットで検索してみたところ、出るわ出るわバウムクーヘンの製作風景。そしてそのどれもが野外活動の記録だった。バーベキューとか、キャンプファイヤーのついでにバウムクーヘンが焼かれている!

てっきり貴族のティータイムにぴったり的なお菓子だとばかり思っていたが、そんなワイルドな一面もあったとはびっくりだ……。

バウムクーヘン好きを自称するのであれば、これはトライするしかないでしょう。秋のよい日、河原でバウムクーヘン作りなんてちょっと素敵じゃないか。早速準備にかかる。

 

キーワードは竹

必要なのは、火と焼く生地、そして生地を巻き付ける竹。

竹か。 さすがにその辺で取るのは無理だろう。東急ハンズだとか、ホームセンターみたいなところで売ってるっけ?竹?

「竹ならウチにあるよ」

協力を依頼した友達の言葉に驚いた。竹って家にあるもんだっけ?前に家族の方が工作で使っていた物らしい。これはラッキー。

竹は押さえた!本格派の手作りバウムクーヘンに一歩一歩近づいてゆく。よし!焼くよ!バウム!



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation