デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


エキサイティング火曜日
カポエィラでいい汗かいてみた

ダンスのようでいてダンスでない、格闘技のようでいて格闘技でない。
それがカポエィラ。
華麗な足技をリズムにのって繰り出す様が超カッコイイ!
というわけでミーハー心丸出しで体験してまいりましたよ。

(text by 金卷朋子


そもそもカポエィラとはブラジルで格闘技の練習を禁止されていた奴隷たちが始めたもので、カモフラージュするためにダンスのフリをしていたという、歴史を見るとかなりソーゼツなものらしい。
といっても今はスポーツとして、そして伝統芸としてちゃんとした地位を確立し、その意味合いは宗教的だったり、儀式的だったり……。
とりあえずそんな背景を頭に叩き込みつつ、練習場となるスタジオにやってきました。

ところで私、自慢じゃありませんがこの年になるまでスポーツらしいスポーツやったことないんですが。腕立て伏せできないんですが。腹筋もあやしいんですが。下手すると3日くらい椅子に座りっぱなしで家から一歩も出なかったりするんですが。大丈夫なんでしょうか……。

まずは基本

先生となる須田竜太さんにご挨拶をして練習が始まる前に基本のステップを教えていただく。


写真

カポエィラはこのジンガというステップが基本になるらしい。
腰をしっかり落として手で顔をガードしながら、足をステップさせる。

これを数回繰り返しただけでもうヘロヘロになる私……。
これからの練習が不安です。


写真

そして生徒さんたちが集まりウォーミングアップがスタート。
スタジオを回りながら手足をほぐし、四つんばいになって歩いたりしたあとは柔軟体操。


写真

無理です! もうこれ以上足開きません!
そのまま腕立てなんて絶対に無理です!


写真

痛いです。背中も腰も痛いです。つらいです。

と悲鳴をあげつつも、練習は進んでいくのであった。



▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation