デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


はっけんの水曜日
今年こそドングリを食べる
美味しそう?

去年、当サイトの企画で雑草を食べたときに、図書館で資料として「ネコジャラシのポップコーン」という本を借りた。

理科教師の人が書いた本で、ネコジャラシをポップコーンにして食べたり、ドングリをプリンにして食べたりするという、えらく楽しい本だった。

「よ、よし、秋になったら私もドングリ食べよう…」
去年の夏そう思っていたのだが、うっかり忘れてしまい、拾いに行ったときには遅すぎた。朽ちた、中身スカスカの残骸しか、もう無かったのです。

そして今年。今は秋。
1年ごしの思いで、プリプリとした生きのいい、ドングリを拾おうというわけです。

(text by 大塚幸代


太極拳する人

おお、落ちている

とりあえず拾う

代々木公園へ

10月某日土曜日、私は原宿で降りた。目的地は代々木公園、都内でも有名な広い公園だ。

ここには、食べられる「マテバシイ」という種類のドングリが生えているらしい。

インターネットで入手した、マテバシイの写真を見ながら、同定(おなじ種類の樹木かチェックすること)をこころみる。

しかし、この同定というやつが、うまくいかない。私のようなシロウトが、植物の微妙な違いなど、見分けられるわけがなかった。

「わっかんないなあ…まあいいや、何でもいいから拾っちゃえ……猛毒のある実のなる木なんて、公園に生えてるわけないだろうし…」

下をみながらウロウロと歩く。

代々木公園は都民の憩いの場なので、週末だと人でいっぱいだ。

楽器を練習する人、気功をする人、ボール遊びする人、フリスビーする人、演劇の練習をする人、映画をとる人、写真をとる人。
木に向かって喋っている2人組がいたので、何ごとかと思って近付いてみたら、お笑いの練習であった。

「ま、そういうワケでしてね…」
「そんなわけあるかいな!」
「プップカプー(トランペット)」
「小雨のおおおおおおおお、降る街はああああああああ〜 ジャカジャカジャカ(ギター)」
「おお、ロミオ!」

そんな中、ひたすら、下をみながらウロウロと歩く。

「たぶんコレじゃないかな」というドングリを、大量に拾ってみた。ついでにギンナンも数個拾ってみたが、くさかった。

…不安だ。

ラブシーンの横でも、平然と拾う
ギンナン。くさいです。


▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation