デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


エキサイティング火曜日
 
切手を売りに

雑誌で切手の特集をしていた。ひょっとしたら切手収集がまたブームになるかもしれない。

そういったムーブメントとはまったく関係なく、単純にお金が必要なので切手鑑定を依頼しに行った。大人のリアリティ。

さてその結果は。

(text by 乙幡啓子



ここに一冊のストックブックがある。切手のストックブック。
小さいころ父からもらったものだ。



そのころはスーパーカー消しゴムやジュースの王冠など集めるのが流行り、切手集めもちょっとしたブームだった。以来自分でも、新聞のすみに広告がでるたび、ちょこちょこ買い足していった。

やがて収集熱は冷めたが、高校を出て上京するときに、なぜかそのストックブックも荷物に入れた。

以来10数年。遊びすぎたりしてふところが寂しくなったとき、何度そのコレクションを売ろうと思ったことか。月末が近づくたび、押し入れの奥に眠っているはずのストックブックがぽわっと頭をよぎった。

今回思い切ってすっきり売ってしまうことにした。どんな価値がこのコレクションにあるか知りたい。単純にお金も欲しい。ついに思い出を売るときが来ました、お父さん。

売る前にひととおり見ておこう。


アメリカ・バレンタインデー切手 ニュージーランド ダイアナ妃一家の切手 東京オリンピック。「5+5」の額面は半分寄付金という意味
ロシアの使用済。ちっちゃい アメリカのクリスマス切手 駄菓子屋のくじでひいたアラブ圏のもの。怪しい。
父の中国土産。孫文 ラジオ体操キャラ。懐かしい なぜか学会ものが多い

ダイアナ妃は最近話題にのぼったこともあり、価値が出るのではと期待している。他、オリンピックのとか。あと自分では気づかないがすごいレア品が眠ってるかもしれない。
もしすごいお宝があったらどうしよう。もっと寝かせておくか、それとも目先の利益か。悩むところだ。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation