デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


ひらめきの月曜日
 
電車が出る瞬間めぐり

運転席の後ろで、電車が地下から地上に出る瞬間を眺めるのが大好きだ。

なんで好きなんだろう。トラウマも臨死体験も別にない。けど、子供の頃から好きだった。

せっかくなのでこの溢れかえる愛情をレポートします。電車は単なる移動のためだけの乗り物ではない。そんな私の気持ちをどうか受け止めて下さい。

(text by 古賀及子

堪能中。(写真中央が私です)

どうですか、このパノラマ感。行く先に差し込む光の白さ。運転席の後ろに陣取れば、この景色に向かって電車と共に突き進んでいくことができるのだ。

大好きな「電車が地下から地上へ出る瞬間」。今回思う存分堪能してきた。回ったのは東京都内の鉄道。東京の地下は広い。電車はいたるところから地下にもぐって、いたるところから地上に出ている。地下と地上の境目に関してはある意味無法地帯だ。厳選して見学した13カ所を一挙放出したい。

まずはその基本形と言えそうな一カ所を例に、個人的なツボを紹介します。

「みどころ解説」
(東急目黒線 田園調布→奥沢)
Real Player(300k)
Real Player(56k)
 すばやさ
 うつくしさ

 しょうげき

 例えるなら コーンポタージュスープ(レトルト)

まずは地下の暗闇をお楽しみ下さい。
途中にある照明の種類にも注目。このトンネルでは蛍光灯ですね。
地下内部がやや見えるようになってきます。
両脇の壁に注目。コンクリートの柱が人を突き放すみたいにぶっきらぼうなのが印象的です。
針穴ぐらいの小さな光が行く手にさしてきました。ゴルフボール大、野球ボール大、肉まん大、バレーボール大とだんだん大きくなってきます。

画面一杯に光が射してきたところで、ついに出ます。
出てすぐ、黒から白、そして外の景色にピントが合うまでのカメラの慌てぶりが堪能できます。

ようやく地上の光に目が慣れてきます。お帰りなさい。

どうですか、楽しいですよね。わくわくしますよね。それでは興奮さめやらぬうちにどんどこ見ていきます。
まずは初級編として初めての方がとっつきやすい4カ所をまとめました。どうぞ。
 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation