デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


エキサイティング火曜日
 
スノードームが降ってくる

スノードーム、ってご存知でしょうか。透明なガラスのドームの中に人形や街並み。空間は水で満たされ、動かすと中の雪が舞う、あれのこと。懐かしささえ漂う。

おりしも今はクリスマスシーズンらしい。ここはクリスマスらしい企画を一発やってみようではないですか。というわけで、スノードームも、手作りしてみた。

(text by 乙幡啓子



SNOWDOME NET.さん推薦のスーベニア(土産)系
これいいなあ。ロンドンの雑貨屋で購入とのこと
作業台はいつものパソコンデスク

80年代を思い出す

「よく見る」と書いたが、スノードーム。その存在を私は最近忘れていた。中学生のころ、雑貨屋でよく見かけた、ような気がする。雪だるまが入っていたり、夏バージョンでサーフボード積んだフォルクスワーゲンビートルが入ってたり。

私の友人で、最近スノードームが気になるという子がいる。なんだか自分の脳の奥のスイッチがプチッと入ったような気がして、それでインターネットで調べてみた。そうしたら、愛好者がたくさんいて、たくさんページが出てきた。

そのなかの、「SNOWDOME NET.」さん(http://www.snowdome.net/)のサイトで、スノードームを手作りするコーナーがあった。「自分で作る」という発想は新鮮だったし、手作りには目がないので俄然興味がわいた。で、今回はそのサイトを参考に、スノードームを作ってみることにした。

 

オーソドックスにサンタで

要は「水を満たした透明な容器に小宇宙を閉じ込め、雪を降らせる」ので、材料はなんでも考えられる。

中身を自分で作ると大変なので、今までためてきた食玩(お菓子のオマケのフィギュア)を中身にしてみよう。初心者にはちょうどいいでしょう。

東急ハンズでは専用キットが売り切れていたので、アクリルのドーム・土台、ジオラマ用レンガ・草、ホログラムパーツ、エポキシ系接着剤など購入。こういうことでもないと絶対買わないものばかりでうきうきする。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation