デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


ひらめきの月曜日
 

その色は何色か

文房具屋に行ったら、絵の具の色数がえらく豊富で驚いた。緑だけで何種類もあって、それぞれ「ビリジヤン」とか「コバルト」とか、ちゃんと名前がついている。

後で行ったジューススタンドで「緑の野菜」というミックスジュースを飲んだ。この「緑」は何ていう名前の緑だろう?

WEBの世界では、色は16進数で表す。例えば真っ赤は「#FF0000」だ。この番号を使えば、たくさん絵の具を買わなくても色んな物の色を簡単に名前(番号?)で呼べそうだ。例えばこのジュースの色も、すぐに呼べる。

人工物、自然物、分け隔てなく16進数で呼んでみました。

(text by 古賀 及子


この番号で呼んでいく

今回使ったのはWindowsでもMacでも同じように表示される216色の「WEBセーフカラー」と言われるこの色。この番号で世の中の物という物の色をバッサバッサと呼び出していく。

これによると、先ほどの「緑の野菜」ジュースは#669933()だった。「ビリジヤン」とか「コバルト」といった色の名前とはまた別の新しい響きだ。

早速その辺のものの色を呼びつけてみよう。


ふせん #FFFF99() クリームのふた #FF3300()

おおー。こんな機械的な色の呼び方で現実に存在する物の色を呼んでしまってもいいのだろうか。ちょっとドキドキ。リアルの領域へフィクションが侵略してゆくかのよう。さらに遠慮なく。

空の真ん中あたり #6699FF()

ほほう。よく「青空」というが、この空に関しては「 #6699FF空」というわけか。

番号で呼ぶというのはプロフェッショナルのにおいがする。歯医者さんが学校の集団歯科検診で、片っ端から「C1」「C2」などといって診断していくのはかっこよかった。

虫歯に関しては分からないが、色番号だったら私にも呼べる。

去年大枚はたいて入れた金歯 #FFCC66(

「今日入れた金歯は#FFCC66()となりますから、多分今までの#999999()の銀歯よりも噛み合わせはいいと思いますよ」
番号の雰囲気に醸し出される説得力。

ちょっと違うけど、販売員さんはトイレのことを「2番」と言ったりする。働く人々は番号を呼んでいる。

私も新しい職業に就いた気分で街へ出て色を呼んでみよう。果たして、今そこにあるその色は何番なのか?!



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation