デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


はっけんの水曜日
 
飾り巻き寿司に挑戦!


「学生時代のころより、社会人になったときのほうが、この女優、すごくかわいいなあ」「で、この人はどうなっちゃうの?」

林さんが「冬のソナタ」にハマってしまって、いろいろ質問してくる。
「面倒くさいから、ストーリー全部、説明してくれない?」
「あ〜あれはですね、ああで、こうで……」

「冬ソナ」を説明しながら、次々とのり巻を巻いていく。


このオレンジに着色されたご飯は…。 おお、Zくんだ!
でもスケッチとは全然違うけど…。 「チェ・ジウって人、かわいいね! 暗い顔するとさらにかわいい!」林さんは冬ソナに夢中。

ひとつ作ってみると、なんとなくコツが分かってくる。

・パーツを先につくる
・目玉とかポイントになるものは、崩れないように固いものを利用したほうがベター(きゅうりとか、かまぼことか、チーズとか)
・最後に巻くのりの、ゴハンは薄目にひく

「手にゴハンがつかないように、手を洗ってふいておく」っていうのも重要だ。


パーツを作って…。 一気に巻いて切る!
一応、お花です(花びらは鮭フレーク、中心はタマゴ)

いろいろ作ってみました。題して「冬のソナタ見ながら作ったDPZずし」。
美味しそう……とは言い切れませんが華やかです。



飾り巻寿司は、考えてたよりも、難しくなかった。
「不器用な私でも、10本くらい作ったら、上手になれるかも」と思った。
でもそんなに太巻き、食べられないけど…。

そういえばもうすぐ節分。
節分の日に、その年の恵方(福を呼ぶといわれる方位:今年は東北東)に向かって、太巻き寿司をまるかぶりすると、幸福が訪れる……という風習があるそうだ。

今年は飾り巻き寿司を作って、ガブっといっちゃうのはいかがですか?

これはウシだそうです(タカセさん作)。



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation