デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


フェティッシュの日曜日
 

ひろったパスネットで沼に行く

今年一番の寒波が毎週のようにやってくるこの季節。寒くて、何気にドトールのトイレで自分の顔を見てみると子供みたいにほほが真っ赤。

でも嫌いな季節ではありません。晴れていれば朝の通勤電車から富士山が見える。駅から家路につくとき、空を見上げれば星も見える。散歩する犬の息も白い。

んー、なんか、旅にでも出たいですね。

予算ゼロで週末に旅に出る方法を見つけました。(text by 林 雄司


コレクションの一部。

50円入っていたよ。これ。


「もっと落ちてねえかなあ」

パスネットに金はいってるぞー

使用済パスネットを集めている。

デザインがどうかしているのだ。どういうつもりで作ったのかわからないものが多い。かっこいいとかかっこわるいではなくて、謎。

デザインが求められていないところに、デザインする意思もなく、でもなんか埋めておいたもの。現代にあいた隙間にひそむ意匠。プリペイド時代のあだ花。(デザインの面白さは後述します)

さて、眺めているうちに重大なことに気づいた。

これお金はいってる。

あ、これもだ。50円とか30円とか残ってるではないか。

人から使い終わったパスネットをもらったり、駅で拾ったりしていたのだが、いつのまにかお金がたまっていたとは。

神様、ありがとう。

もっと集めよう。パスネットの残りを集めれば旅に出れるかもしれない。みんなの通勤の余韻をあつめて僕だけ旅に出てしまおう。

パスネットをひろいに駅をめぐってみた。

もう、旅は始まっているのかもしれない。

じつは…

本特集で使っているパスネットは知人からもらいうけたもの、自分の定期入れに入れっぱなしだったものを使っています(残額があるものは落ちてなかった)。落ちているパスネットを使用することは法に触れます。

2004.1.29 追記

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation