デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


ちしきの金曜日
 
どうかと思うバス停めぐり


040206_225.jpg (15394 バイト)
何の西側なのか
040206_113.jpg (69005 バイト)
だから何の後なのか
040206_226.jpg (10159 バイト)
それは図形の一種だろう

概念へと突入し始めたバス停たち

ここまで紹介してきたバス停は、どうかと思うような名前でありつつも、まだ実体のあるものたちだった。その意味ではまだわかりやすかったのだが、そうではないバス停も実在する。

そろそろバス停上級者編に入ってきたこともあってか、言ってることがわかりにくいかもしれない。具体的に、西武バスの「西側」のような実例を示した方がわかりやすいだろうか。

西側とだけ示されたバス停。シンプルの極み。

なにかの西側なのかもしれないが、実際に訪れてみても答えは見当たらない。いや、そもそもこの旅はそんな答えを見つけることが目的ではなかったはずだ。

ただ「西側」というバス停がある。そういう揺るぎない事実をひとつひとつ確かめたい。

目印をあしらうというバス停の通念を捨て、概念のレベルに突入し始めてきたバス停たち。もう少し何か言ってくれという問いかけは、「住宅前」に向かって投げていたものよりさらに深くなっている。

同じコンセプトは国際興業バスの「後」や西武バスの「三角」「台」などにも通じる。きっぱりしている。きっぱりし過ぎている。

自宅から最寄りのバス停が「後」とか「三角」。「台」からバスに乗って今日も出勤。何の疑問もなく、そういう生活を送っている人たちがいるのだろう。

「坂の下上」はわかるようでわからない。坂の下なのか上なのかがはっきりしない。ついには言っている意味も混乱し始めてきた、末期のバス停だと言える。

040206_227.jpg (9013 バイト)
意味そのものはわかるのだが
040206_228.jpg (12874 バイト)
下なのか上なのかはっきりしてほしい

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation