デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


はっけんの水曜日
 
サクラのドウテイを試みる
いつもは花よりダンゴですが…。

今週あたりから、関東では桜が咲きはじめた。

桜の下では、人は妙にハイテンションになる。私もそうなので、よく考えてみると、実は花のことなんか、ちゃんと見ていないような気がする。

今年は桜をちゃんと見たい。桜の種類とか、形とか見て、同定とかしちゃいたい!

そう思って、新宿御苑に出かけたのです。

*同定=生き物の分類学上の所属・名称を明らかにすること

(text by 大塚幸代



携帯カメラで撮ってる人もいれば…。
ものごっついカメラで撮ってる人もいます。
サクラ本、熟読。

新宿御苑へ

いろんな種類の桜が咲いているだろう、と思って新宿御苑へ行ってみた。

公式サイトを見ると1500本、75種類があると書いてあった。……そんなたくさんの桜の、見分けられるんだろうか?

 

撮影をお願いしたWebマスター林さんは、新しいカメラを手に、撮る気まんまんだ。

「……すごいカメラですね」
「ええ、イオスよりも機能のいいやつなんです。先週発売した…」
「せ、せんしゅう? 幾らなんですか、それ」
「いやその、……じゅうろくまんくらい…」
「えーーー!」
「さあ、試し撮りしなきゃ……カシャ……あれ? 勝手にフラッシュたいちゃうな、おかしいな……うーん」
「まだ使い方、把握してないんですか?」
「ええ……何しろ一昨日買ったばかりですから。ハハハ」

軽く不安になりながら、周囲を見回してみると……いるいる、カメラ小僧ならぬ、カメラおじいたちがてんこもりだ。
中にはカメラおばあもいる。

しかも皆、ごっつい高そうなカメラだ。すごい気合い。

 

私は売店で「サクラウォッチング 新宿御苑の桜」(500円)をゲット。
雑誌『Be-PAL』の今月号の付録「近所の桜は何サクラ?」というチャートも持ってきた。

さあ、桜を見分けよう!


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation