デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


フェティッシュの日曜日
 

MP3を再生するトイレ

トイレだらけでなんか楽しくなっちゃうスペース

MP3データを再生するトイレがあると聞いた。しかもINAXという一流メーカーから出ているちゃんとした商品だという。

なぜにトイレでMP3プレーヤーが。トイレはなんだかすごいことになっていやしないか。東京 新宿のINAXショールームを訪ねた。(text by 林 雄司

MP3とは:音楽をパソコンで聴くためのデータの形式です。CDをこの形式でパソコンに取り込んで、パソコンで聴いたり、iPodなどの専用プレーヤーで聴いたりします。


これがINAX SATIS

自動でふたが開いて音楽が!
そして便器の横からSDメモリーカードが!
パネルに音楽のコントローラ部分が

トイレから音楽が!

さて、これがそのMP3再生機能付きのトイレ、SATISだ。

トイレの前に立つだけでいきなりふたが開いて音楽が流れはじめた。静かなストリングスだ。おおお。思ったほどの違和感はない。

取材に立ち会っていただいたINAX 広報の本多さんいわく

「犬がしっぽ降って喜んでるみたいでしょ」

たしかに。かわいさを感じるのはどうしてか(僕だけか?)。

楽曲は東京都交響楽団がこのトイレのために演奏したオリジナル音源である。テンポがゆっくり目になっていてアルファー波が出るようになっているそうだ。

リラックスすると出てくる脳波がアルファー波である。トイレで出すものは違うだろう、というつっこみはご遠慮いただきたい。

便器の左右にスピーカーがついている。ステレオなのだ。

むかし、蒸気機関車が通り過ぎる音が入っているレコードがあった。オーディオの左右のスピーカーの音がちゃんと鳴るかどうかのテストのためのものである。その音源を入れればこのトイレの前を蒸気機関車が通り過ぎるのだ。テクノロジーは思いもしないことを可能にする。

MP3のデータはメモリーカードに入っている。便器向かって左側後方についているスロットに差し込んであった。16メガのSDメモリーカード。デジカメやザウルスに指しているいつものメモリーカードがこんなところに入っているとは。

音量の調整、楽曲の選択は便器の横にあるコントロールパネルで行う。たしかにいろんなスイッチに混ざって、「音楽」「音量」と書いたボタンがある。

 

 

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation