デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


ゲストの日曜日
 
全国金魚すくい選手権大会に参加

040903_036.JPG (16201 バイト)

「選手用の練習コーナーで練習しといて」

会場へ向かう途中の達人から、携帯電話で指令があった。そうか、腕試しに練習だ。

会場周辺には選手用と、一般用の金魚すくいのコーナーがある。ここに並べばいいのかな?要領がわからないながらも、とにかく50円で2本のポイを購入した。

   

・競技は3分間で金魚を何匹すくえるかを競い合う。

短い。たった3分間でどれだけすくえるのだろう。

その他、事前に知ったルールでは、

・競技は片手のみで行い、ポイを持つのも、ボールを引き寄せるのも同じ手を使わなければならない。

空いているほうの手は、使ってはいけないのだ。

 
040903_036.JPG (16201 バイト)
久々に挑戦した金魚すくい
040903_036.JPG (16201 バイト)
やっと1匹
   

世界で一番長い3分

ポイ、10秒で破れるんですけど。

3分なんてとても持たない。金魚には逃げられるし、ポイはすぐにやぶれるしで、全然すくえない。そうか、3分は長かったのだ。最初の10秒で破れてしまうと、その後の2分50秒は黙って見ていなければならない。それはかなり辛い状況だ。

 
040903_036.JPG (16201 バイト)
マスコットのきんとっとくん(左)と、きんとっとちゃん(右)

全然すくえないので、不安になる。けど、サービス満点でポーズをとってくれるきんとっとくんと、きんとっとちゃんと一緒に記念撮影したりして。

そうこうしている間に達人到着。待ってました。

   
040903_036.JPG (16201 バイト)
がんばるぞー

こちらが金魚すくいの師匠、大堀正美さん。10回を迎える大会の第1回目から出場しているという強者だ。実は、大堀さんは、公募されたきんとっとくんの名付け親のひとりでもあるのだ(同案が数名いたそう)。

師匠、早速、金魚すくいのコツを教えてください!

   

師曰く、

・競技の姿勢は、体勢を安定させるため、膝を付けること。正座してもいい。

・ポイは水面に平行に移動させること。タテに動かすと水の抵抗が強く、破れやすい。

・競技に入るとまず、ポイを選ぶ。糊の付き方の均一でないもの、しわがよっているものは避けること。

なるほど〜。

・自分のエリアだけに集中し、金魚に来い来いと念じる。捕まえてやろうとすると金魚は殺気を感じて逃げるので、一緒に遊ぼうという気持ちで。

どんな競技も最終的には精神面が重要なのですね。

 
040903_036.JPG (16201 バイト)
生タージンだ〜

大会の開会式が始まりました

関西で大人気のタレント、タージンさんが10年連続で司会。大会は、一般の部、小学生の部、団体戦という順番で行われる。

エントリーナンバー9番の私と、27番の大堀さんは、開会式直後の第1回戦に出場する。まず最初に予選が行われ、予選を通過すると準決勝、決勝と駒をすすめることになる。

   
040903_036.JPG (16201 バイト)
開会式
040903_036.JPG (16201 バイト)
小学生も全国から参加している
   

・金魚は必ず小さいものを選ぶ。

・後ろからではなく、正面から迎えてすくう。

了解です。さっき2匹すくったので、目標は3匹ということで競技に挑みます。

 
040903_036.JPG (16201 バイト)
選手は入場行進するのだ
040903_036.JPG (16201 バイト)
これが、金魚すくいのリング。4人で勝負する。それぞれのボールの色が違う
   
040903_036.JPG (16201 バイト)
言われた通り膝を付け、精神集中。してるつもり

いよいよ競技が始まりました。

なんと、大会第一試合は、金魚が元気で相当難しいらしい。それでなくとも、金魚の名産地の金魚、朝まで元気いっぱいぴちぴちで池にいた金魚たちは、露店の金魚とは違うのだ。この大会の金魚たちはすくうのが非常に難しいとのこと。

   

確かに水槽の中をすごい勢いで泳ぎ回っています。ぐったりと元気がない子はいないよ。

・金魚のしっぽはポイの上に乗せない。しっぽが跳ねるとポイが破けるので、枠にひっかけよう。

(そんなの無理です)
 
040903_036.JPG (16201 バイト)
金魚来い来い
040903_036.JPG (16201 バイト)
ほんと難しい〜
   
040903_036.JPG (16201 バイト)
ポイが破れたので終了・・・

師匠の言うことを守ったつもりだったが、やっぱりあっと言う間にポイが破れてしまった。

結果は1匹しかすくえなかった。残念。

   
040903_036.JPG (16201 バイト)
選手退場もあります。がっくり気分で

私の水槽の4人の結果は、6匹、2匹、1匹、0匹という成績であった。平均十数匹で予選を突破するこの大会のレベルとしては、初心者が多い水槽だったのだ。金魚の数が多い順に予選通過となり、最終的に6匹をすくった人たちが抽選となった。予選のボーダーが6匹。まぐれでは決して通過できないことを痛感する。

とにかく、私の金魚すくいの夏は、この予選で終わってしまった。




 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation